最終センター試験本番レベル模試が行われました! | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 12月 15日 最終センター試験本番レベル模試が行われました!

 

 

こんにちは!
担任助手1年の神田です!

いよいよ今日は、最終センター試験本番レベル模試 当日です!

受験生の皆さんにとって、この模試は受験校を決定する上でとても重要な模試です!

全力を出し切ろう!!!

とは言っても、大事な試験の前って緊張しますよね^^;

僕が受験生のときも、試験の前は緊張し、試験の後も結果が気になって心配でした(汗)

ということで、今日は、僕が受験生のときに模試や受験本番の試験前と試験後にやっていたことを紹介します!!

まず、試験前にやっていたこと!

①試験開始30分前に会場入りする

試験開始時間よりある程度早めに会場入りすることの良いところは、会場の雰囲気に慣れる時間があることと、気持ちを落ち着かせる時間があることです!

知らない人がたくさんいる慣れない雰囲気に少しでも慣れることで、心にも余裕が持てて落ち着いて試験に臨むことができます!

苦手分野の復習!!

試験前の勉強と言ったら、苦手分野の復習。これに尽きます!

試験前何をしたら良いのかわからない、、そんな人は自分の苦手分野の復習をやってみてください!

次は、試験が終わったらやること!

自己採点

これまで口うるさく言われてきましたよね(笑)

試験の後は自己採点をして自分の実力と向き合いましょう。

そして大事なのは次!

②間違えたところを見直すこと

自己採点をして自分の点数を知り、点数に一喜一憂して、、、

こんな時間を過ごしていませんか?

模試の後スムーズに学習を再開するためにまずは自分の間違えたところを見直して解き直しましょう!!

その一環として、僕が受験生のときは、模試や本番の試験、そして、日頃の過去問演習で間違えたところを1つのノートにまとめていました

それがこちらです!

このノートは試験前の苦手分野の復習にも使っていました!

センター試験まで残り34日になりました。

受験生の皆さんはこれからセンター試験の過去問を解く機会も増えると思います。

その際はぜひ、参考にしてみてください!

そして、高校1、2年生にとっても、「あと34日」という数字には意味があります。

入試1年前、2年前まであと34日

この時間を長いと感じていませんか?

もうすでに志望校合格に向けて勉強をスタートしているライバルはたくさんいます!!

東進ハイスクール南浦和校では皆さんの受験勉強スタートのきかっけになりうる公開授業を行います。

英語渡辺先生生授業をしてくださいます。

英語に不安がある人、点数を伸ばしたい人、年に数回の特別な授業なのでぜひお申込みください!(^^)!

 

↓模試お申込み、1日体験、資料請求はこちらから

 

 

 

以上

埼玉大学工学部機械工学システムデザイン学科

神田恵佑