ブログ | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ 

2018年 8月 16日 何が勉強の励みだったか。

こんにちは!担任助手1年の大木です!

つい最近始まったばかりだと思っていた夏休みですが、なんともう8月の16日になってしまいました!

自由に使える時間がたくさんあるこの夏休み、有意義に過ごせているでしょうか、

受験生の皆さんは毎日本気で勉強を頑張ることができているでしょうか。

せっかくの夏休みです。自分の中で何かを変えましょう!成長しましょう!

夏休みの残りの日々、ぜひ大切に過ごしてほしいと思います。

さて、今回は私が受験期に何をモチベーションに頑張れていたのかをお話ししたいと思います。

将来の夢や大学での勉強内容など、人によって頑張る源は違うと思いますが、私がモチベーションを保てた理由は担任助手の先生からの励ましの言葉だったように思います。

志望校についての悩みや自分の勉強に対する不安など、たくさんのことを先生に相談しましたが、いつでも親身になって話をきいてくれて的確なアドバイスをくれました。

無条件に私を応援してくれて、気にかけてくれる人の存在はとても大きくて嬉しいものでした。

みなさんも勉強について不安になることや心細くなることはあると思います。そんなときはぜひ東進の担任助手に相談してみませんか?

いつでも相談にのります!お気軽にお尋ねください!

それではみなさん、実りある夏休みになるよう頑張っていきましょう!!!

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 

次回は北川先生の「逆転合格のために!」です。お楽しみに!!

明治大学 文学部 心理社会学科 現代社会学専攻

1年 大木若菜

2018年 8月 15日 夢ワクについて

南浦和校では、夏休み期間を利用して“夢ワク”を行なっています。

 

この南浦和校限定イベント夢ワクとは何か!?

夢ワクとは、担任助手による担任助手の夢、志や、普段の大学生活等を生徒に発表するイベントです。

このイベントで具体的な大学生の生活を実際に知ることが出来るし、担任助手の夢や志を聞くことで自分の夢、志をしっかりと考える機会になると思います。8月も半分を過ぎようとしていますが夢ワクはまだ実施しています!

興味のあるテーマ、先生の発表にはぜひ参加していきましょう!

 

 

中央大学

小口 幹太

 

2018年 8月 14日 苦手科目と向き合う!

こんにちは!担任助手1年目の植田です。

もう気づいたら夏休みも後半戦!はやいですね~(-_-;)甲子園も盛り上がってきてますよね(^▽^)

しかし!夏はまだまだ終わりません。ここからいくらでも成長できます。残りの夏も頑張るぞ!!!!!!

さて、今回「苦手科目と向き合う」をテーマに話したいと思います。

受験科目だけではなく、学校の勉強をしていても誰もがあると思います「苦手・嫌いな科目」

よくあるあるなのが、好きな科目ばかりに時間を費やしてしまって、気づいたら受験直前…!いまから苦手な科目をやっていいかなきゃ…!でも、もともと好きな科目じゃないからなかなか勉強が進まない…あぁ。

私は、現代文がとても嫌いで、苦手でした。

でも、そんな私に現代文の苦手意識を取り除いてくれたのが、林修先生でした。林先生の「センター90%突破!」という講座を受けてから、現代文って全部答え本文にあるじゃん!ちゃんと読めればすごい簡単じゃん!って気づいて、

それから、演習をするのがむしろ楽しくなってきて、めきめき成績も伸ばすことができました。

苦手意識を持ってしまう要因はたくさんあると思います。

でもあることがきっかけで好きに変わる瞬間があります。東進には個性豊かなたくさんの先生がいます!!

★みなさんに好きになるきっかけをくれる先生にも出会えるかもしれません★

運命の出会いをしてみたい…!と思った方は、ぜひ東進にお越しください!!

以上

東洋大学 ライフデザイン学部 人間環境デザイン学科

植田優奈

 

 

次回は、小口先生の

「夢ワク」

お楽しみに♪

 

2018年 8月 13日 女子大の魅力とは!?

こんにちは、担任助手1年の石川です。

私は現在、東京家政大学の家政学部に通い、小学校教諭を目指して勉強しています。

南浦和校の担任助手で唯一の女子大進学者ですが、

みなさん女子大ってどういうイメージがありますか??

女子ばっかりってドロドロしてそう。。。

女子力なくなりそう。。。

と、マイナスのイメージばかり持っている人はいませんか??

それは偏見です!

女子大にはたくさんの魅力があります!!

 

一つ目は、気を使わないということです。

これは服装やメイクに力を入れなくてもよい、自由にのびのびと生活できるということだけではありません。共学だと、男子がリーダーになって、女子が補佐的な役割に回ることが多いと思います。

ですが、女子大では、誰もがリーダーになれるチャンスがあります!!

リーダーシップは、社会で非常に重要な能力です。女子大で身につけましょう!

 

二つ目は、就職に強いということです。

女子大は共学に比べて学生数が少ないので、先生との距離が近く、

一人ひとりに行き届いた教育を受けることができます。

さらに、女性のための就活講座や相談会など、様々な角度からの手厚いサポートが受けられます。

 

他にも、女子大にはたくさんの魅力があります。

女子大は苦手、、、と思う人も多いと思いますが、ぜひオープンキャンパスに行ってみたり、女子大に進学した先輩がいたら話を聞いてみてください!

女子大のイメージが変わると思いますよ♪

 

もっと話を聞きたいという方はぜひ南浦和校へお越しください!

お待ちしてます!

以上

東京家政大学 家政学部

石川麻優子

2018年 8月 12日 大学入試改革について

こんにちは、担任助手3年の石岡です。

突然ですが、大学入試が大きく変わることを知っていますか?

今とても話題になっているので高校1、2年生のみなさんは知っている人が多いと思います。今日は、その「大学入試改革」についてお伝えしようと思います。

まず下の図を見てください。

主要科目の3つとも大きく変わります。共通しているのは、ある能力を重視するのではなく、幅広い技能を持つこと、自分の言葉で説明、記述する力、問題解決能力などが大切になってきます。単純に暗記するだけの勉強では絶対に立ち向かえないのです。

この入試方法は2020年度から適用される予定です。今の高1生の受験からということになります。高1生のみなさん、全員が初めて取り組むことなので立場は全員同じです。つまり、早く対策したもの勝ち!!高3生になってから始めればいいや」は通用しません。一刻も早くスタートを切ることをオススメします。

そして、今の高2生も安心してはいけません。

浪人できないとわかれば、皆が頑張りますよね。全体の受験に対しての意欲が高まるので、必然的にレベルが高くなり、受験競争も厳しくなること予想されます。だからこそ、早くから始めていなければ差がつきません。

ここまで見てくれた人は、不安と焦りでいっぱいになったことと思います。しかし、東進ハイスクールならこの入試改革のことも含めて相談にのり、指導していくことができます。

まずは相談だけでも構いません。ぜひできるだけ早く来てください♪その1歩を踏み出す勇気が自分の将来に大きな影響を与えます。

南浦和校でお待ちしています!

慶應義塾大学 文学部 教育学専攻 

石岡菜々美