11月 | 2019 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ 2019年11月の記事一覧

2019年 11月 15日 体調管理に気をつけよう!

 

 

こんにちは!担任助手の清水です。

最近とっても寒くなりましたね…。

日中は暖かいですが朝晩の冷えが凄まじく

もう冬用のコートを着たいくらいです!!

 

 

さて、今日は勉強の話ではなく、この寒くなってきた時期に気をつけたい

体調管理

についてお話します!

 

高校3年生に関しては、入試直前はもちろんですが、

この時期の大事な勉強時間のために

体調には注意したいですよね。

 

ちなみに私は今大学3年生ですが、

高校3年生のころから1回も風邪をひいていません!!

(軽い微熱は1回ほどありますが…笑)

友人に「免疫がゴリラ(笑)」と言われるほど

風邪をひかない私が普段から気を付けていることをお伝えします!!!

 

 

❶早寝早起き・

規則正しい生活

まずは規則正しい生活です。

同じ時間眠ったとしても、

早寝早起きしたとき遅寝遅起きしたとき

次の日の日中の眠さ加減が変わった経験ありませんか?

早寝早起きには、さまざまな効果があると言われています。

 

だるさの軽減、作業効率の向上だけでなく

気持ちの面でも感情の起伏が穏やかになったり、

ネガティブ思考が改善されたりするそうです!

 

受験期、気持ちの面でも不安だと思います。

勉強も夜遅くではなく、朝早く起きて取り組むように

変えていくのがおすすめです!!!!

 

 

❷食事

私が一番意識しているのはコレです!

毎日決まった時間バランスのいい食事をとる。

これに敵うものはありません…。

 

パンやおにぎりのみで済ませてしまう受験生も多いと思いますが

具を意識したり、比較的時間のある夜は3品食べる!

などできるところから意識をしていきましょう。

 

あとはこの時期は寒いので朝は温かいものを食べるようにしてください!

体温が1度上がる免疫力が最大5~6倍まであがるとも言われています。

 

↑ 私がこの間食べた「ちからうどん」です。うどんの中に焼いたお餅が入っています!温まるのでオススメ(^^)

 

 

❸気合い

正直、最後はこれです。(笑)

「病は気から」

という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

気合いだけでは風邪を予防はできませんが、

どんなに対策していても最後は

気持ちがないと体調を崩してしまうと思います…。

 

勉強も同じです!!

今受験生の皆さんはきっと、

受験というはっきり見えない目標に向かって

不安になりながらも頑張っていると思います。

たくさんの時間をかけてやってきた勉強、

最後は「絶対に受かってやるんだ!」

という気合いとともに受験本番を迎えてください!

 

弱気ではいい結果が出ようにも出ません!!!

不安に負けず!!!!がんばれ受験生!!!!

 

P.S. インフルの予防接種はしっかりしましょうね!!!

 

 

 

 

 

明日は石岡先生のブログです!

記述模試についてのブログなのでぜひチェックしてくださいね!!

 

以上

立教大学 現代心理学部 映像身体学科

清水あり彩

 

 

 

2019年 11月 14日 冬期合宿の魅力!

こんにちは!

担任助手一年の山口雄大です。

 

この前大学終わりにラーメンを食べに行きました!

四谷駅から徒歩5分くらいのところなのですが、名前は忘れました…

 

さて今回のテーマは冬期合宿です。

この冬期合宿は高2生を対象とした

12月26日〜29日の3泊4日

英語集中学習の合宿です!

 

合宿と聞くと少し怖いイメージありますよね。

「丸一日勉強」とか「知らない人しかいない」などなど

 

しかし!

合宿にはたくさんの魅力が詰まっています!

 

1つ目は自分の天井を上げられること!

高校生は部活動や学校行事、遊びで中々勉強に没頭できないですよね。

実際、自分もそうでした💦

部活が終わったら疲れているし、休みの日は遊びたくなるものです。

でもそのまま3年生になって、すぐに受験モードへ切り替えられますか?

受験生どのくらい勉強するのか、なにから始めればいいのか、色々イメージがつかないと思います。

しかし、合宿ではそんなイメージを与えてくれる!!

こんなに勉強するのか!って感じると思いますが、それが受験生なのです!!

それを経験できたら、周りに差をつけられること間違いなしです!

 

2つ目はいろんな人と関われること!

塾に入った時、みんなこんなに勉強してるのか!って思いませんでしたか?

自分の高校以外の生徒と関われる場所ですからね。

合宿ではその規模がドーンと大きくなります!!

色んな場所から色んな生徒が集まってきます。

知らない人ばかりで1人ぼっちになりそうって不安になる人もいるかと思いますが大丈夫!

合宿ではチームを組みます!

みんなと勉強を教え合ったり、点数を競ったりとコミュニケーションを取る機会はたくさんあります。

そして、色んな刺激を受けるはずです。

自分以外の人がどんな気持ちで受験勉強しているのかを体験できることは、危機感を感じ、モチベーションアップにつながります!

 

周りよりも早いスタートダッシュが切れる機会を合宿は与えてくれるはずです!

 

こんな魅力たっぷりの合宿、みなさん参加してみましょう!!

 

 

以上

上智大学理工学部機能創造理工学科

山口雄大

 

 

2019年 11月 13日 志望校(受験校)決定の仕方!!【私大理系】

こんにちは!担任助手1年の山口猛です!

勝負は”心”の強さ

先日、ボクシングのWBSSバンタム級決勝戦が行われたのはご存知でしょうか?知らない方のために少し説明すると、ボクシングには世界公認団体が4つ存在するんですね。つまり、世界チャンピオン4人存在するということですね!細かくいうのであれば、正規王者、暫定王者、スーパー王者…など様々な王者がいるため、誰が真のチャンピオンなのかわからない状況です。ややこしい!そこで、真のチャンピオンを決めるトーナメントが開催されました。

それがWBSSってわけです!その決勝戦に日本人井上尚弥選手が進出し、ボクシング界のレジェンドであるフィリピンのドネア選手と対戦しました。

結果は11ラウンドにダウンを井上選手が奪い、見事、3−0の判定勝ち収めました。

そんな井上選手の強さは心の強さにありました。

井上選手は「強さには満足していないですし、自分でもまだまだ底が見えない。どこまで強くなるんだろうっていうのが楽しみ。」と言います。最強の称号の手にしてもなお上を目指す、”天井のない”姿勢に真の強さが垣間見えました。

長くなりましたが、受験においてもこのような天井のない姿勢は必要不可欠だと思いました!

 

さて、本題に入りますが、本日は志望校(受験校)の決定の仕方についてお話をしたいと思います。

前提の知識として「安全志向」が挙げられます。私大の定員数の減少などの影響を受け、数年前に比べて合格を勝ち取ることが難しくなっています。そのためチャレンジ校を複数受験するよりも、安全校を複数受験する傾向にあります。そこで重要になるのがいかに安全校をとって、チャレンジ校に集中するかだと思います。

全てのカギを握るのは”センター試験”

私の体験談を元にお話すると、実力校、安全校を取れた場合、そうでない場合の3つを想定することが大事です。特に私立理系は2月の前半に試験が重なっているのでセンター試験の出来によって臨機応変に受験校を変えていく必要があります!

僕の場合、センター試験で東洋大学と工学院大学を取ることができたので、芝浦工業大学と東京理科大学と日本大学に出願しました。イメージとしてはセンター試験で取った安全校の入金締め切りとチャレンジ校の合格発表日までのブランクを実力校で埋めていく感じですね!

2月の1週目に芝浦工業大学、東京電機大学、工学院大学が重なっているのでセンター試験の出来によって臨機応変に対応していくように想定していました。2週目には明治大学、上智大学、東京理科大学などが、3週目には早稲田と慶応というように並んでいます。

自分だけの完璧な受験カレンダーを作って志望校合格を目指しましょう!

参考になれば幸いです♪

以上、東京理科大学理工学部土木工学科、山口猛



 

 


 






 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年 11月 12日 公開授業のお知らせ①

 

こんにちは。

担任助手1年の佐々木です。

 

12月17日(火)19:30~21:30

渡辺勝彦先生特別公開授業

南浦和校で行われます!!

 

 

 

 

 

~渡辺先生の公開授業の魅力~

 

1.渡辺勝彦先生の授業を

南浦和で体験することができる!!

あの有名な渡辺先生を南浦和の地で見ることができます。

さらにPCの画面上でしか受けることのできない授業を

生で受けることができます。

こんな経験はなかなかできません。

この素晴らしい機会を逃すわけにはいきません。

 

 

2.スーパー速読法を身につけることができる!!

1回の授業でスーパー速読法をマスターすることができます。

1分間に150語の英文を読む方法について

詳しく解説してくださいます。

長文に対して不安を抱えている人も

安心してください!!

渡辺先生の授業を聞けば

必ず英語を好きになります

私が東進の受講で初めて受けた先生は渡辺先生でした。

とても英語が苦手だったのですが

受講をするうちにだんだん好きになっていきました。

そんな先生の授業を生で受けることのできる機会は

そうそうありません!!

ぜひ出席してください!!

 

3.モチベーションが上がる!!

渡辺先生の授業は間違いなく

モチベーションが上がります!!

今の成績は関係ありません。

いくら志望する大学の偏差値が高いとしても

自分の志望校に合格したいと思えるようになります。

また、とても楽しく面白い授業をしてくださるので

時間を忘れてしまいます。

 

 

英語が苦手な人、嫌いな人もこの授業を受けたら

必ず得意、好きになります。

このチャンスを逃さないよう、今すぐ申し込みを!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

日本女子大学食物学科食物学専攻

佐々木美和

2019年 11月 11日 モチベーションを保つ方法

こんにちは、担任助手3年目の足立です。

最近一気に寒くなりましたね。冬服を出すのが面倒、、、

この時期は風邪がかなり流行ってくるのでみなさんマスクを常備しましょう!!

さて

今日は「モチベーション」についてお話させていただきます。

みなさん最近かなり模試などが多くモチベーションを保つことが難しいと思います。

 

頑張って勉強しているのに模試や過去問の点数が上がらない、、、

 

そんな悩みを抱えていませんか?

僕はモチベーションは受験に置いてかなり大事なものであると思います。

そもそもパフォーマンスというのはモチベーションが根源かなと思うのです。

どれだけ優秀と周りから揶揄され期待をされるような選手でもやる気がなければ結果は出ないとおもいます。

逆も然りです。

大事なことは受験生であれば志望校に向かって本気でモチベーションを高く持ち前向きに勉強をすることかなと思います。

なので今日はモチベーションが高まるような方法を何個か紹介させていただければと思います。

 

ます1つ目

志望校に対する気持ちを再認識する。

方法はなんでもいいです、友人をどうしてそこに行きたいのかなどを語り合うのもいいですし、ホームページをみてその志望校に受かって自分が何をしているかなどを想像することもいいでしょう。

とにかく頭の中を志望校についてでいっぱいにするのです。

 

そして2つ目

自分がどうして受験勉強をしているのかを深く内省する。

そもそもその志望校はなんで行きたいんだっけ?

推薦などの道もある中でどうして受験をすると決めたんだっけ?

その志望校で何がしたいんだっけ?

こんな具合です。

受験まで日数が少なくなってきた今だからこそ原点回帰はオススメです。

誰もが受験勉強を始めるときはモチベーションが高かったはず、ぞれが毎日を過ごしていくうちにだんだんと薄くなっていくものです。

なのでモチベーションが高かった始めの頃の自分をもう一度頭の中に呼び起こしましょう!!

 

最後に

好きな科目をすることです。

人間の脳には入ってきた情報に対してその情報に感情のレッテルを貼る器官があります。

これは好きだからプラスのレッテル、これは嫌いだからマイナスのレッテルと行った具合です。

なので自分の好きな科目をやっている時には脳は必然的に前向きになっているはずです。

そしてプラスのレッテルが貼られているものは長期記憶として残りやすいという研究結果も出ています。

好きな科目をやることでその時間は前向きに過ごせ、さらにその科目は点数が伸びやすいのです。

点数が伸びればモチベーションも必然的に高まると思います。

 

いかがでしたか?

受験生のみなさんはここからが勝負です。

全然ラストスパートではありません、ここからがスタートくらいの気持ちの方が楽だと思います。

まだまだこれからです。

ぜひ11月を本気で過ごしてくれればと思います。

参考文献:林成之『脳に悪い7つの習慣』幻冬社 

以上

明治大学 法学部 法律学科

足立 祐太