1月 | 2020 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 21日 渡辺先生の魅力

こんにちは、担任助手の石岡です。

今日は、東進の講師である渡辺先生の魅力をお伝えします。

私が生徒時代好きだった先生なので、実体験をもとにお話したいと思います。

私は、高校1年生の時に東進に入塾しました。

高校の授業進度がとてもはやく、ついていくことができていなかったため、その頃の成績は下位でした。

そんな私が、

入塾してから約3ヶ月後には100位以上も学校の成績を上げることができました。

その秘訣の1つは、

入塾して最初に受けた渡辺先生の「文法」の授業です。

【渡辺勝彦先生】

英語の先生です。

 

魅力1:授業が丁寧でわかりやすい!!

・文法事項がわからない人でも理解できる!

・複雑な暗記事項も覚えやすくまとめた板書!

・重要事項は何度も繰り返してくれる!

→内容充実のテキストを見ながら、映像授業を受けることで理解はバッチリです★

魅力2:授業が面白い!!

渡辺先生の授業はわかりやすいだけでなく、飽きさせない面白さがあります。

 

授業の中で、渡辺先生は1人で「先生役」と「生徒役」の両方を演じています。

生徒役:「先生!これはどういうことですか?」

先生役:「これか?これはな、~~~~ということなんだ」

というように、会話口調でまるでコントのように授業が進んでいきます。

 

だから、眠くなるということも全くなく、あっという間に授業が終わってしまいます!

魅力3:受験知識も伝授してくれる!

渡辺先生は、

「高校2年生の3月31日までに英語にケリをつける」

を合言葉に、

受験勉強の早期スタートの重要性や、

3月までにやるべきことなどを詳しく説明してくれます。

英語の成績だけでなく、

勉強に対するモチベーションも上げてくれるのです!

いかかですか?

渡辺先生って魅力満載ですよね!!

そんな渡辺先生の授業を直接受けられる絶好の機会があります!

先日行われた模試の解説授業となっています。

このブログを読んで渡辺先生に興味を持った人、

英語の成績を上げたい人、

受験勉強を始めたい人、

大歓迎です♪

生授業を無料で受けられるチャンスはめったにありません。

ぜひ友達も誘って一緒に受けましょう!!

↓各種申込はこちらから↓

慶應義塾大学 文学部教育学専攻4年

石岡菜々美

2020年 1月 20日 出願は早めに!高1,2生は受験を意識しよう!

こんにちは。担任助手の清水です!

みなさん、センター試験お疲れさまでした。

これから私大試験、そして国立二次と続きますが、

最後まであきらめずに頑張ってください!

 

さて今日は、3年生と1,2年生に分けて

話を進めていきたいと思います。

 

まずは3年生!

センター試験は終了しましたが、

国公立・私大一般・まだセンター後も出願可能な

センター利用入試など、出願締め切りがやってきます。

 

センター前に終わらせたものもあると思いますが、

もう一度しっかり確認し、残っているものに

関してはミスなく出願しましょう!

 

最後まで応援しています!

 

そして高1,2年生!

今回、センター試験同日体験受験をした

生徒も多いのではないでしょうか。

来年度からは共通テストとなりますが、

入試1年前または2年前

を感じられたのではないですか?

 

ここで重要なのは、

➀現状の把握

➁復習

③学習計画を立てる

の流れです!!

 

東進ではセンター試験同日体験受験をしてくれた生徒に対し、

帳票返却面談特別公開授業を案内しています。

帳票返却面談とは、東進のスタッフが一緒に

成績帳票の分析をし、これからどのように学習していけばいいのか

アドバイスをさせていただくものになっています。

 

「センター試験同日体験受験をしたけれど、

成績帳票のどこを見たらいいのか分からない!」

「今後何をしていけばいいの?」

迷ったらぜひ南浦和校にお電話ください!!!

 

また、1/24(金)19:30~

渡辺勝彦先生による、特別公開授業を行います!

今回のセンター試験同日体験受験の英語の解説や、

そのほかにも共通テストに関する授業をしてくださいます!!

 

今回の試験のいい復習にもなるのではないでしょうか?

ぜひお申込みください!

↓↓↓↓↓↓↓

 

↓各種申込はこちらから↓

 

立教大学 現代心理学部 映像身体学科

清水あり彩

2020年 1月 19日 最後のセンター試験二日目!!

みなさんこんにちは。担任助手一年生の山口猛です!

あっ!!!まだブラウザバックしないで!!!

東京理科大学理工学部の野田キャンパス付近にある王道というラーメン屋で王道なラーメンをたべてきました!

いやぁ~疲れた体にはらーめんですね!

————————————————————————————————————–

本日は最後センター試験の二日目ですね!

また、同日受験という形でセンター試験を受ける学生さんも多数いらっしゃると思います。

そこで本日はセンター試験当日にすべきことについてアトバイスをしていきたいと思います。

 

1.糖分を摂取する

脳を活発に働かせるためには糖分を摂取することが重要であるのは言わずと知れていますよね。

私は試験1日で板チョコ1枚食べるようにしていました!

板チョコはブロックで分かれているので、例えば毎休み時間に1列食べるなど管理がしやすいのも良い点です!

 

2.復習

数学や理科って、とにかく公式が多すぎですよね。

本番直前に今まで使ってきた参考書などを使って復習してみましょう!

直前に復習したものが試験に出て来るというのはよく聞きますし、実際僕もそうでした。

 

3.リラックス

昨日のセンター試験1日目、緊張しましたか?

去年、僕はとてつもなく緊張したのを覚えています。

緊張すると普段の実力が出せなくなったり、あまり緊張に対する皆さんのイメージはあまりよくないと思います。

しかし緊張は悪いことではないと思います。緊張って頑張った分だけ強くなると思うんですよね。

頑張った自分の努力が点数として現れるのか不安なだけなんです。

でも大丈夫です!その緊張こそが大丈夫の根拠になります!

だからこそ、緊張してる時こそリラックスして緊張を思い切り楽しんでやりましょう!

 

4.あきらめない

数学や理科科目などで手詰まりになるときありませんか?

そんなときこそ、もう一度考え直してみる、違う視点で考える、違うアプローチをかけてみる

などが大切です!たとえ難しい問題でもかならず答えはあります

そこに対してどれだけの試行回数を増やせるかが鍵だと僕は思います!

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

受験生の皆さん、最後の1秒まであきらめなければきっと大きな逆転劇だってあり得ます。

応援してます!頑張ってこい!!!!!!!

 

入学希望、体験授業、公開授業などのお申し込みはこちらから♪

以上 

東京理科大学理工学部土木工学科 

山口猛

2020年 1月 18日 センター1日目!

こんにちは!担任助手一年の山口雄大です。

 

今日はセンター1日目!

これまで勉強していたことをここで発揮する場です!!

 

自分も一年前にセンター試験を受けました。

もうセンターから一年もたったとは思えません。

 

当日緊張していたのか分からないのですが、

家を出る前にお腹を壊して試験に遅刻しそうになったのを覚えています。

 

やはり本番に一番大切なことは、

試験のことをイメージすることだと思います。

入試本番は何が起こるか分かりませんからね。

 

自分が受けた教室では試験中に鼻血を出した人や

コンタクトが外れてめちゃくちゃ焦っていた人がいましたね。

 

試験会場に行くまでの電車やバスの中、

教室に入ってからもどんなことにも焦らずに対応できるほどの

落ち着きが大切なんだと去年センターを受けて思いました。

 

みなさん、センター1日目が終わってからは何をする予定ですか?

 

自分は私立理系で2日目があったので、家に帰ってからは

次の日の科目の時間配分をどうするか、

分からない問題が出たらどう対処するのかをイメトレしていました。

 

1日目でセンターが終わる受験生は、まずは丸付けをして

自分ができなかったところを復習するのでも良いと思いますし、

たとえ結果が悪くてもあとに引きずらずに、切り替えることも大切だと思います。

 

2日目がある受験生は、次の科目の最終確認をしましょう!

この科目の大問は何分かける予定だとかの

時間配分のイメトレをするのが良いと思います。

 

絶対に1日目にうけた科目の自己採点はしてはいけません!

結果が悪かったら、2日目に引きずってしまいますし

結果がよくても、浮かれてしまって次の試験に影響が出てしまいます!

 

どちらにしてもセンター1日目がおわったら、気持ちの切り替えが本当に大切です!

 

ここがみなさんの努力を見せつける場なので、

受験生最後まで頑張ってください!応援しています!

 

 

 

 

以上

上智大学理工学部機能創造理工学科

山口雄大

 

 

2020年 1月 17日 センター試験ついに明日!!

 

こんにちは。

担任助手1年の佐々木です。

ついに明日はセンター試験本番ですね。

不安な気持ちを抱いている人も多いのではないでしょうか?

そんなセンター試験前日をどのように過ごしたのか

その経験をした担任助手の先生方の話から

いくつかの例をピックアップしたいと思います。

 

1.校舎に行く

どの先生も共通して前日も休まず校舎に行ったそうです。

私も開館から校舎に行き勉強していました。

普段のルーティーンを崩すことは

不安につながります。

出来るだけいつも通りの行動を心がけましょう。

 

2.センターの過去問を解く

これに対しては両極端に意見が分かれました。

センターの過去問を解くことで

時間配分や解く感覚を呼び戻すことができるなどの声がある一方

点数が悪かった時に落ち込んでしまうことを考えて

前日は解かなかったという声もありました。

私は演習量を確保したかったので、センター形式の問題を解いていました。

 

3.今まで使ってきた参考書を復習する

最後の最後に新しいことに取り組むのは危険です。

新たな知識を増やしたくなるかもしれませんが

今までやってきたものを一からやり直して

曖昧なものがないよう努めましょう。

その時には試験の朝や休み時間中にチェックするものを

しっかり決められているといいと思います。

 

4.忘れ物チェック

必ず前日までに忘れ物がないかチェックしてください。

受験票、鉛筆、消しゴム、時計など試験に関わるものはもちろん

他にもハンカチ・ティッシュ、お金、常備薬なども持っていきましょう。

 

5.すぐ寝る!!

緊張してなかなか寝付けない人もいると思いますが

必ず横になってください。

人は横になって目を閉じるだけで

75%程身体を休められているそうです。

寝付けなくてもじっと目を閉じましょう。

いつのまにか寝ているはずです。

 

そして私の個人的な過ごし方ですが

試験の前日の夜は、目を閉じながら

今までの受験生活を振り返っていました。

そして全ての選択を肯定して

あの時こうしておいてよかった、頑張ってよかったと

ポジティブな気持ちで試験を迎えました。

 

皆さんも自分を褒めてください

ここまで頑張ってきた自分を認めてください

今までの努力は当日になって消えるはずありません。

大丈夫です。自分を信じてください。

 

 

また、高校2年生の皆さんは

受験まであと一年を切ります。

今のままで本当に大丈夫ですか?

高校3年生になって勉強し始めては

遅いです!!

今のうちに土台を固めて、高校3年生を迎えましょう。

 

高校1年生の皆さん

部活や遊びに時間を割いて

勉強をしない言い訳にしていませんか?

今からスタートすれば必ず周りと差がつきます。

一歩リードして受験勉強のスタートを切りましょう!

 

何をしていいかわからない人も安心してください。

私たち担任助手がサポートいたします。

勉強の方法や、志望校、入試についてなど

不安なことはなんでも聞いてください。

校舎でお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

日本女子大学家政学部食物学科

佐々木美和