過去問分析の方法〜英語編〜 | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 6月 21日 過去問分析の方法〜英語編〜

こんにちは!

南浦和校担任助手の福田です!

最近暑くなってきましたね!

いよいよ夏がすぐそこまで来てます

夏は受験の天王山です

夏を制するものは受験を制します!

みなさんはこれから夏の時期に

共通テストや二次私大の過去問を解いていくと思います

過去問の演習において復習、分析はとても大切です!

今回は英語の過去問分析についてお話ししたいと思います

↑↑↑こちらが私が受験生の時の復習ノートです↑↑↑

①英単語の意味を調べよう!

特に国立大学の二次問題や難関私立の問題は

難しい英単語がたくさん出てきます。

英単語の意味がわかれば読める文章は増えます

わからなかった単語はリストアップして覚えましょう!

②問題の傾向を掴む!

各大学ごとに出される問題に傾向があります。

文法知識が必要な長文問題や決まったイディオムが問われる問題など

自分の志望校の問題傾向を掴むのは

これからの勉強への最短経路です。

問題の復習をする中で、

問題傾向を掴むことを意識していきましょう

③時間感覚を掴む!

実際に問題を解くときに時間を測ることで

目標の時間と比べて

どの問題に多く時間を使ってしまったのかを分析することで

次回からの演習の時に

時間感覚の改善が期待できます。

難しい大学の問題では

捨て問を作ることも得点アップに必要なことです

④解説授業を聞いて大切なことをメモ!

東進の過去問解説授業では

一流の先生が問題の解き方を

丁寧に解説してくれます!

問題を解くためのポイントをメモしておくことはとても大切です!

みなさんも効果的な復習、分析で

得点アップを目指しましょう!

 

以上、担任助手1年

福田でした!