過去問分析の大切さ | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 6月 16日 過去問分析の大切さ

みなさんこんにちは!

南浦和校担任助手1年沖田来瞳です!

今日は過去問分析の大切さについて

語っていきたいと思います★

 

本日、南浦和校では月一回行われるHRの日で、

今回は安倍校舎長が模試・過去問分析の手法を

伝授してくださいますが、

一般生の皆さんも

どんなふうに過去問分析を行えばいいか、

知りたいですよね…?

 

そもそも過去問分析とはなぜするのでしょうか。

共通テスト、第一志望大学の過去問、併願校の対策、、、

これから先、今の生活からは

考えられないような忙しい受験勉強が待っています。

過去問を解いて終わりにした場合、

せっかく解いた問題の傾向がつかめないと思いませんか?

実際、大学によって問題の傾向は大きく違います。

また、同じ大学でも学部で大きく違う大学も多数です。

 

しかし、

しっかりと過去問分析を行えば、

「この大学では

○○時代が多く出題されているな…」

「この学部では

こんな細かいところまで問われるんだな…」

たくさんの気づきと発見で、

自分の第一志望校合格に

一歩近づけます!!

 

また、過去問分析ノートというものを

南浦和校では受験生に作ってもらっています。

これは校舎にある分析シートを活用してもらって、

それを挟んで溜めていき、

自分の過去問分析をまとめておけるものです。

過去問分析ノートはチームミーティングの時に

副担任に提出して、副担任がチェックをすることもあります。

 

皆さんも自分独自の過去問分析ノートを作って

第一志望校合格に近づきましょう★

 

 

 

 

以上

法政大学 経営学部 1年

沖田来瞳