模試でライバルと比較しよう!! | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 9月 20日 模試でライバルと比較しよう!!

 

この間、クレヨンしんちゃんの映画を観に行きました。

さすがクレヨンしんちゃん。ここ3年で1番泣ける映画でした。

来年も観に行きます!

ちなみに周りには親子しかいませんでした。。。

 

今日のテーマは『模試でライバルと比較しよう』です!

以前に模試の重要性について書きました。

そのときに模試のメリットの1つとして志望校、

ライバルとの差がわかることを挙げました。

今回はこのことについて深く書きたいと思います。

模試を受けて解き直しをしていると思いますが、

全ての問題が解けるように復習している人が多いと思います。

全ての問題が解けるようになることに越したことはないですが、

受験当日までの限られた時間の中で勉強しなくてはいけない受験生は

テスト本番と同様に復習にも取捨選択が必要になっていきます。

共通テスト模試だと受験者の中に東大志望の人もいれば、

MARCH志望の人もいます。

当然、東大志望の人が解けない問題もあります。

しかし、

その問題は東大志望の人たちの中で合否を分ける問題であって

MARCH志望の人は解けなくても合格できる問題かもしれません。

そこで重要なのがライバルとの比較です。

模試は受験後に帳票という成績表が返却されています。

そこには各科目の得点や志望校判定はもちろん、

同じ志望校の受験者の中でどの問題を確実に取らなければいけないのか、

逆に難しすぎるためその問題を落としてもあまり影響がないのかなど

同じレベルを受験する人との比較がされています。

復習のときにライバルの結果も意識して復習できると

復習の質が上がります。

ライバルと比較できるのは模試しかないので最大限活用しましょう!

以上

明治大学経営学部

太田心