今日は難関大、有名大模試! | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 9月 19日 今日は難関大、有名大模試!

こんにちは!

担任助手1年の若林海人です!

長かった夏休みが終わり、13日から秋学期が始まってしまいました、、

大学の夏休みはやっぱり長いなあと感じました。

春休みはもっと長いらしいので、暇にならないか心配です笑

コロナの影響で思うように旅行に行けなかったので、

春休みは行けるようになってたらいいなと思ってます!

 

さて本日は東進模試の1つ、

「早慶上理・難関国公立大模試」

「全国有名国公私大模試」が行われます!

以前にも説明はありましたが、

再度この模試がどのようなものであるか

説明していきたいと思います。

 

この模試は、

全国統一テストや共通テスト本番レベル模試

とは違って記述模試となっています!

名前の通り、

早慶・難関国公立レベル

第一志望としている人は前者、

MARCHレベルなどを第一志望としている人は

後者を受験することをお勧めします!

このように、

2つのレベルに分かれていることで

より自分と志望校や学力が同じレベル

受験生と競うことができます。

 

また記述模試ということもあって、

二次私大で記述がある人などはその対策にもなり、

自分がどのくらい記述で解答できるのか、

また記述できるほどの力がついているのか

把握することができます。

そして、9月ということもあり、

夏まででどのくらい記述ができるようになったのか確認でき、

またこれからの勉強の指針にもなっていく模試です。

(6月、11月には全国統一高校生テストがあります。)

このように、東進では、奇数月にはこの模試を、

偶数月には全国統一などのマーク模試を実施しており、

毎月模試を行い

バランスよく学力を把握できるようになっています。

 

 

ここからは東進生に向けても話していこうと思います。

何度も言われてますが、

模試は帰ってきてからが大事で、

自分の苦手分野をしっかり把握し、

これからの勉強に役立てていくことが大事です。

しかも今回は記述模試なので、

自分は記述が得意なのかどうか、

練習しなければならないのかを確認しましょう!

また、マーク模試だと

歴史科目などでは漢字等が書けなくても解答でき、

また4択な為にうろ覚えでも、

言ったら感で当たってしまうことがあります。

記述模試では、これができません。

そのため、完璧に覚えてないといけません。

これを機に、知識を詰めていってほしいと思います。

漢字まで書けないと正解にならないし、

本番でも記述はあると思うので、

書けなくてもいいだろう、と思わずに

漢字で書けるようにしていけたらいいのかなと思います。

 

自分もこの模試でもいい結果は出ませんでした、、

皆さんも様々な結果になると思います。

でもまだ時間はあります

最後まで諦めることなく、第一志望校目指して頑張ってください!

以上

一橋大学 経済学部

若林海人