過去問分析の方法~数学~ | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 6月 14日 過去問分析の方法~数学~

こんにちは、担任助手1年の千本隆汰です。

最近、誕生日を迎えました。たくさんの人に祝ってもらい幸せでした。

今回のテーマは数学の過去問分析の方法についてです。

過去問をとくうえで分析や復習はとても大事になってきます。

よくありがちな間違った分析ノートは

ただ模範解答を写すだけや見直しても何が書いてあるかわからないというノートです。

分析ノートはまず自分が何ができなかったのかを考え、

その次にその弱点に対して、どのような対策ができるのかを考えることが大事です。

例えば、問題を解くときに自分が考えていたことをまず言語化し、

次に模範解答の方針を言語化します。

このように数学は数式や記号を言語化することが最も重要であり、

数学の力を急激に向上することができます。

また、対策をとるときは、しっかりと明確な計画を立てる必要があります。

何をいつまでにやることで何ができるようになるのかを細かく計画することで、

心の余裕もでき、勉強もしやすくなるとおもいます。

皆さんも、分析を行い、勉強をたくさんやりましょう。

以上   

 

 上智大学理工学部  千本隆汰