試験本番前にやっていたこと | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 2月 14日 試験本番前にやっていたこと

いよいよ私立の受験が佳境を迎え、みなさんの第一志望もそろそろ迎えるという方が多いのではないでしょうか。

先日受験生の応援に行って来ましたが、受験日の前日の夜になかなか眠れなかったことや、不安があるなか大学に行ったことなど当時の緊張感を思い出しました。

そこで今回は!!

まだ受験に慣れていなく緊張をしてしまっている方に僕が行っていた緊張を和らげる方法や試験直前におこなっていたことを紹介します!!

①一回無になる。

これを見て、多くの人が「え、どゆこと??」って思ったと思います。

この方法はなかなか効きましてですね、とにかく精神統一することがポイントです!

一旦無になることでですね、自分の世界に入ることが出来ます。

試験会場あるあるなのが他の受験生が頭よく見えることですよね…

そこで、他の受験生のことを忘れ自分のことに集中して、これまでの努力や応援してくれている人を思い出して深呼吸して無になると非常に落ち着きますし、よっしゃ頑張ろう!ってなります。

 

②手のツボを押す

 

 

 

 

 

 

心穴

場所   中指の第一関節

効果   頭痛・イライラ・神経や心臓を落ち着かせる

労宮

場所   拳を握ったときに中指と薬指が触れるあたり

効果   精神疲労・イライラ・手の火照り・動悸・吐き気など

この2つのツボは個人的には非常に効きました。気休め程度ではありますがおしてみるのはありです!

 

③今まで使ってきた参考書、ノートを見返す

やはり試験直前にはこれが一番おすすめです!!

いままでの努力の結晶ともいえる自分だけのノート、参考書をやるとなぜか勇気が出てくるものです。

ボロボロになった参考書やノートを見て、「あ、こんだけやってきたんだから大丈夫!!」って思えるはずです。

なので、いまからなにか新しいものにするより今まで使ってきたものを使うのがおすすめです!!

 

以上3つが僕のおすすめの試験直前にやっていたことシリーズです!!

これまで緊張をほぐす方法などを書いてきましたが、緊張することは決して悪いことではありません。

これまでのがんばりがその緊張を引き起こしているとおもいます。なので、無理に緊張するな!と言い聞かせるのではなく、自分緊張してるな、それだけやってきたんだなって思って試験に挑んできてほしいです。

みなさんの努力は必ず誰かが見てくれています。自分の努力に自信をもってください。みなさんなら合格できます!最後まで頑張れ!!

また、現在高校2年生の方はセンターまで338日となっています。

もう時間がありません。まだ338日もあるではなく、338日しかないと考え行動に起こしている方は多くいます。

まだ行動に起こせいない方はすぐに行動しよう!!

 

以上

青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科

星武宏