試験の「型」 できていますか? | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 8月 16日 試験の「型」 できていますか?

こんにちは、担任助手2年の米本玲花です。

皆さん、夏休みももう残り僅かですね。

100%やり切った!と言える夏にできているでしょうか .

これはよく自分の生徒にも言うことなのですが、

一週間を振り返って、自分の頑張りが70点だった時、

来週は何かを変えて100点にしないと、受験生活自体が70点になります。

後悔のない受験生活にできるよう、いろいろ試行錯誤していきましょう!

 

———————————————————-

本日は、試験の“型”についてお話します。

最近、このブログで試験・模試の話が多いですね~~

なぜなら8月25日にセンター試験本番レベル模試があるからですね!

 

もう高3の8月の模試となれば、大問ごとの時間配分や解く順番

しっかり自分の型があるはずです!

まだない、、という方。

まだまだ演習が足りていません!!!

あと9日ありますので、時間配分も考えて過去問演習を重ねましょう!

 

わたしも現役時代、しっかり型を作っていました。

英語をとく順番は、

大問6→5→4→3→1→2

夏、伸び悩んだ時に、長文を最後にすると集中力が続かないことが分かり、このように変えました。

また、時間配分は、大問6~4で60分で解くことを意識していました。

 

東進ハイスクールの過去問演習講座では

制限時間を設けて演習をしたり、所要時間を記録できます。

このように、演習を重ねること自分に最適な解き方が分かってくると思います。

模試当日、受験当日にいつも通りに出来るように

「いつも通り」を今の演習で作っていきましょう。

 

 

青山学院大学 国際政治経済学科 

米本玲花