特訓本科コース(高卒生対象)便り No.2 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 2月 25日 特訓本科コース(高卒生対象)便り No.2

こんにちは。

南浦和校特訓本科コース担任の尾島です。

 

本日は国立大学前期試験ですね。自分が受験するわけではありませんがそわそわします・・・。

 

前回は特訓本科コースの魅力の一つ「高速学習」によるスタートダッシュ効果についてお話ししました。

本日は「学習管理」についてお話しします。

 

 

東進は映像授業を使って学習するため、非常に柔軟性の高いカリキュラムを有しています。

90分×20回の授業を20講座まで、志望校や成績状況に応じて自由に組むことができるため、一人一人にぴったり合ったカリキュラムを組むことができます。

ただ、心配になるのが、「自由度が高すぎてさぼってしまわないか」ですよね?

 

 

高卒の1年間は、気持ちのアップダウンとの戦いです。

1年間現役入試の悔しさを忘れず、目標に向けて頑張り続けることは、大変に難しいことです。

よって、東進では気持ちをコントロールするためにも、早期に「良い学習習慣」を確立することに力を入れています。

 

東進の特訓本科コースに入学すると、自分の席とPCが貸与されます。

いつでも自分専用の席がある代わりに、月~土8:30~19:00は東進で学習することを必須としています。

南浦和校では

・朝8:30登校 ※欠席者には電話が入ります

・8:30~8:45 朝学習会

・8:45~9:00 朝礼

・9:00~ 授業開始

というスケジュールになっています。

 

また、学習内容を充実させるため、

・スマートフォン預かり

・担任の常駐

・模試受験→分析面談の徹底

などにも取り組んでいます。

 

朝寝坊が始まると、セロトニンやドーパミン等、集中力ややる気を司る脳内伝達物質の分泌量が減るそうです。

その結果、更に起床時間が遅くなり・・・完全に悪循環ですね。

長年高卒生を見てきて、朝の遅刻=校舎に来なくなるサイン、だと認識しています。

そのため、朝8:30までの登校には、こだわりを持って指導しています。

 

厳しいと思いますか?

それとも、当たり前だと思いますか?

平凡な努力の積み重ねが非凡を生みます。

振り返った時に最高の1年になったと言えるよう、自分に厳しい選択を課してみませんか?

 

東進の「学習管理」は、早期に「良い学習習慣」を確立するため、スタッフ一丸となって取り組んでいます。

 

毎週火・木・土13:00~14:00 入学説明会を行っていますので、興味のある方は、まずは気軽にご参加ください。

高卒生対象特訓本科コースの詳細はこちら↓

説明会のお申し込みはこちら↓

資料請求を選択し、備考欄に「○月○日説明会申込」とご記入下さい。

説明会の最後には、卒業生の合格体験談が入ります。

2月26日(火)明治大学文学部

2月28日(木)埼玉大学教育学部

3月からは今年度合格者が登場する予定です。