東進HS南浦和校 本科(高卒1年目)の紹介 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 2月 15日 東進HS南浦和校 本科(高卒1年目)の紹介

みなさんこんにちは、南浦和校担任助手4年目の松尾です。

まさに入試シーズン真っ只中という期間に入りましたね。

明青立法中を中心に、今日も受験する皆さんを、陰ながら応援しています。

 

その一方で、合格・不合格など、発表も出始めています。

合格が出た人、本当におめでとうございます。今まで頑張った成果が出たんだと思います。

誰がなんと言おうと、合格したのは偶然ではないと思います。合格に足るだけの勉強をしてきたから、

結果として合格した、それがすべてです。それ以上の理由も理屈も必要ありません。

まだ試験がある人は、この結果におごるのではなく、次も取るつもりで1日1日を大切にしてください。

その積み重ねの先に、第一志望合格はあるんだと思っています。

 

まだ合格が出ていない人、中には「もう1年」なんて考えている人もいるかもしれません。

僕はそうやってもう1年勉強した身なので、気持ちは痛いほどよくわかります。

そんな僕が、そんな僕だからこそ、伝えたいことがあります。

「絶対に現役で合格をしろ、あきらめている暇があったら、次の受験に備えて勉強した方がよっぽど良い」

ということです。

僕は浪人に対して別に否定的なわけではありません。僕自身もそうですし・・・。

しかし、どこにも合格しないで今から浪人を考えることは反対です。

上にも書きました。厳しいことを言うようですが、結果が全てです。勉強を頑張った過程など、

大学はその点数に1点も与えてくれません。

だからこそ、たとえ浪人することになったとしても、挑戦をして、死に物狂いで合格の1を勝ち取る。

それが、現役として今まで勉強してきたと、唯一言える成果であり、今まで応援してくれた保護者の方や

まわりの人に示すべき姿勢と結果だと思います。

今ならまだ、追加出願ができます。まだ、チャンスはあります。

それを見過ごして、どこかあきらめるのではなくて、合格まで走り抜けて下さい。

最後まで戦う人を、本当に応援しています。

 

それでも、結果として浪人する事になった人へ

東進ハイスクール南浦和校では、高卒1年目を「本科」として迎え入れています。

現役メゾットとして名前が挙がるためあまり知られていないかもしれませんが、実績が自慢のコンテンツを、

現役生よりも多く、1年間も使うことができます。

詳しいことは資料をご用意させていただきますので、コチラからお問い合わせください!

やるからには、どこよりも、誰よりも努力して結果に拘る1年にしよう!!

 

東進ハイスクール 南浦和校

松尾 明彦