本番直前の勉強法 | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 1月 10日 本番直前の勉強法

こんにちは!担任助手の青山由季です!

先日、合格祈願をしに行って、人生で初めて絵馬を書きました!

 

共通テストまであと6日となりましたが、一人一人が本番で

持っている力の全てを出し切ることできれることを願います。

本番が近付くにつれて不安も増してくると思いますが、

少しでもその不安要素を潰すことができるように自分の中で優先順位をつけて時間配分をして欲しいです。

国立志望の方は難しいかもしれませんが、今後は毎日全ての科目に触れた方が良い思います。

成績を伸ばすための勉強をするのももちろんですが、維持するための勉強もしなければなりません。

私はこの時期に、まだ固まりきっていなくて不安だった現代社会や化学の対策に時間を掛けすぎてしまい、

高得点を取りたかった数学で本番思うような点数をとることが出来ませんでした。

苦手な科目を優先したい気持ちもとても分かりますが、

本番で取りたかったところで点数を落としてしまうのは本当にもったいないので、

学力を維持するための勉強も欠かさずにして欲しいです。

自分は、ルーティーンを崩さないようにしていました

やることを決めることによって、毎日どんな勉強をするのか考える必要もないし、

「試験直前に毎日○○をしていたから大丈夫だ」自信に変えることができました。

一例をあげると、リスニングです。

私は、毎朝リスニングを聞いてから校舎へ登校していました。

リスニング苦手な方多くないですか?

普段の生活の中で、英語を聞く機会は滅多にないので、対策をしなければ点数を取れるようにならないのは当たり前です。

そんな方にオススメしたいアプリがあります!

知らない音の意味を理解するのは無理です。

少しでも聞き取れる英語を増やすことが出来るように意識して聞くことが大切だと思います。

今からでもやらないに越したことはないと思うのです、ぜひ使用してみてください!

リスニングに限らず、リーディングや国語や数学は触れていないと解くスピードは落ちてしまうし、

理科・社会科目も少しでも多くの知識があった方が良いし、今までやってきたことを忘れてはいけません。

やらなければいけないことは人それぞれですが、本番をどのような状態で迎えたいかを考えて、

本番までの流れの勉強のイメージを掴めると良いと思います。

また、直前に確認するためのも意識して置いて欲しいです。

何も考えていないと、直前に焦って色々なものを見すぎて苦手なところの確認を忘れてしまったり、

どこに載っているのか見つけられなかったりする可能性があるので、試験直前に確認するものはまとめておくべきです。

私は数学はデータの範囲の公式や苦手な積分の解法をまとめたり、化学はテキストにメモやマーカーをしたり付箋を貼ったりしました。

休憩時間は意外とあるので、直前に確認するものを準備して、有効活用出来るようにしましょう!

残りの時間を大切に過ごしてください。

学力は試験直前まで伸びます。

自分の今までの努力を信じて、本番を迎えてください。

応援しています!!

 

以上

埼玉大学 工学部 情報工学科 1年

青山由季