数学の演習方法 | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 11月 11日 数学の演習方法

こんにちは、担任助手一年の千本隆汰です。

最近、冬服を新しく買いました。

お金はたくさん無くなりましたが、

とてもよい買い物になりました。

さて、今回のテーマは数学の演習方法についてです。

理系科目は問題演習がとても重要です。

しかし、

やり方を間違えてしまうとたくさん問題演習をしても

成績がなかなか上がりません。

まずは正しい演習方法を理解するところから

始める必要があります。

演習において一番意識してほしいことは解く過程です。

問題への正解不正解よりも解くうえで

どんな考え方をしているのか、

なぜこの式になっているのかなどを理解することを

大切にしてほしいです。

一つの問題演習のなかで深堀りすることで理解もより深まります。

また、間違えた問題はもう一度なにも見ずに解き直すことがとても重要です。

もう一度解き直すことで自分が理解できてないところがわかりやすくなり、

弱点補強にも繋がります。

僕が受験生のときは、問題演習で間違えた問題の理解できてない部分を

ノートにまとめて常に持ち歩いていました。

ミスノートを作ることで

間違えやすいところや理解不足のところを常に復習できるため

ミスノートはオススメです。

過去問演習をしていくなかでも

これらのことを意識して

数学の成績を思いっきり上げましょう!

 
 
 
 
 
以上 
上智大学 理工学部 機能創造理工学科
千本隆汰