大学合格基礎力判定テストを受けよう! | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 11月 23日 大学合格基礎力判定テストを受けよう!

こんにちは!

担任助手1年の神田です!

いよいよ、センター試験まで残り55日となりましたね。

限られた時間の中で勉強をしなければならないこの時期に、僕が受験時代に実際に意識していたことは、ポジティブな考えをもって「志望校に合格し大学生活を送っている自分」をイメージをすることでした。

辛いこともあるかもしれませんが、

今やるべきことは今しかできないことなので、

後で後悔しないよう、一日一日を全力で過ごしましょう!

 

さて、このブログを読んでいる新高校2,3年生(現高校1,2年生)の皆さん!

受験勉強スタートしましたか!?

もう少しで新しい学年になるこの時期は

部活のことや勉強のこと、学校のことなどいろいろなことを考えますよね。

そんな中で、自分の夢をかなえるため、自分の行きたい大学に進学するため、受験勉強をスタートさせる人がたくさんいます。

 

そうは言っても、なかなか志望校や将来を決められず、

受験勉強のスタートを切れていない人もいるのではないでしょうか。

受験勉強は早期スタートがカギになるのは確かです。

勉強をしなくちゃいけないのはわかるけど、何をしたらいいのかわからなくて、、

なかなか受験勉強をスタートできない。

そんな人はたくさんいると思います。僕もそうでした。

しかし、この時期にスタートできるかどうかは

志望校の合格率に大きく関わってきます。

(この理由は11月22日のブログで法政大学1年生の増田先生が話してくれています⇒そのブログはこちら!

今、スタートしなければならないんです。

 

そのスタートのきっかけの一つに模試があります。

僕が受験勉強を始めるきっかけを得たのも模試でした!

模試を受けて自分の実力を知り受験勉強をスタートする人はたくさんいます!

 

そんな皆さんの受験勉強スタートきっかけになる次の模試は

12月8日に実施される

大学合格基礎力判定テストです。

この大学合格基礎力判定テストは、5月、8月、12月、3月の計4回実施されます!

(5月、8月は実施済み)

この模試の特徴は

1 志望校合格の土台となる主要教科(英・数・国)「基礎学力」を徹底診断

2 教科、単元、設問ごとの到達度がわかる詳細分析

3 学習優先順位と、弱点克服のための学習課題を提示

の3つです。

受験科目は大学受験の基礎科目である英語・国語・数学の3科目だけなので、

普段、理科や社会科目も受けなきゃいけない模試よりも気軽に受験できます!

また、教科、単元、設問ごとの到達度がわかり、

学習優先順位と弱点克服のための学習課題を提示してくれるので、

今の自分の実力がわかり、なおかつ、自分のやらなければいけない勉強が何なのか提示してくれるので、

すぐに勉強をスタートできます!

受験勉強スタートのきっかけとして大学合格基礎力判定テストに申し込んでみましょう!お申し込みはこちらから!

(大学合格基礎力判定テストについてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

 

また、授業の体験をしてみたい方は東進が実施する冬期特別招待講習にお越しください!!

そして、今なら東進の講師による生授業も見られます!!

それが特別公開授業です!

12月17日(火)に渡辺勝彦先生が南浦和校で英語の公開授業をしてくださいます!

この公開授業にでて、受験英語とは、また、長文の読み方とは、を学んで、

第一志望合格へ一歩踏み出しましょう!

 

招待講習、公開授業のお申し込みはこちらから!

 

 

↓模試のお申込み、資料請求はこちらから

 

以上

埼玉大学工学部機械工学システムデザイン学科

神田恵佑