夏休み毎日過去問演習会実施中! | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 8月 15日 夏休み毎日過去問演習会実施中!

みなさん、こんにちは。担任助手2年の草野です!

夏休みも残り2週間となりました。受験生のみなさんは夏休み最後の追い込み!

自分にできることは全てやり切ってください!!

必ず「後悔しない夏」にしてください!

夏を乗り越えられれば、きっと受験も乗り越えられます!

さて、今回は南浦和校で実施している過去問演習会についてお話していきたいと思います。

みなさんは過去問を解いていますか?

過去問を解くには早すぎる、と思っている人も

多いのではないでしょうか。

東進では、

通テスト形式の問題10年分&二次私大の過去問10年分』

を8月までに解き終わることを目標に

日々過去問演習をしています。

この時期からここまで本格的に過去問演習をしているのにも意味があります。

 

➀はやめに演習することで傾向を掴む。

②多くの演習ができるので、時間配分などの感覚がつかみやすくなる。

③分析することで、自分の苦手な単元をいち早く知ることができる。

④アウトプットをたくさんすることで、勉強した知識をしっかり覚えているか確認できる。

⑤はやめに過去問が解き終わるので、残りの時間で苦手をなくすことができる。

 

このように、過去問をはやめの時期から解くことで多くのメリットを得ることができます!

しかし、夏休みに多くの高校生が抱える悩みの1つとして、

「計画通りに勉強できない」

「やらなきゃいけないと分かっているのにサボってしまう」

という声をよく聞きます。

そこで、南浦和校では

毎日9:00~と17:30~の2回

過去問演習会を行っています。

生徒は時間になったら1つの教室に集まり、みんなで過去問を解きます。

受験同様の緊張感の中で過去問演習ができ、

受験本番に緊張しすぎないように練習ができます!

また、8月中は「南浦和実践模試」という名の

大きな過去問演習会も開いています。

共通テスト模試と同じ時間割で1日中過去問を解ける会を4回、

二次私大の過去問を1日で1年分解ける会を5回

用意していて、生徒が過去問演習を進めやすいような環境つくりをしています!

みなさんもこの夏、過去問をたくさん解いて「後悔しない夏」にできるようにしてください!

 

以上

早稲田大学商学部

草野圭胡