夏は受験の天王山。けど、どれくらい頑張ればいいの?? | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

2019年 4月 20日 夏は受験の天王山。けど、どれくらい頑張ればいいの??

こんにちは!西ヶ谷です!

僕は理系なのですが、大学が本格的に始まって就職大学院に進むなど、進路の話を友達としていて不安とわくわくが入り混じったような気持ちになって、新鮮な日々を送っています!

 

4月ももう中盤になり、あと3か月後にはの季節になります。夏は受験の天王山と言われますね!そうです!夏は頑張り時。けれど、どれくらい頑張るかと聞かれると難しいと思います、、。

その部分を伝えたくて東進ハイスクール南浦和校では高校3年生に向けてLHRを行いました!

では、どれくらい頑張るかというと、、、

受験生の夏は600時間勉強をする!くらいの頑張りです!!!

1日15時間を夏休み40日すると600時間になります。

では、なぜ1日に15時間も勉強をするかというと、夏休み基礎復習を徹底させることのできる長くとれる時間だからです!

この時期までに苦手な科目を総復習でき、得意な科目はたくさん演習して過去問演習までできる力を身に着ける、これができる素晴らしい時間なのです。

 

この記事を見てくれた人は夏休みの頑張りの指標が少しだけわかったと思います。

夏前にどれくらいその努力を貯金できるかも大事です!今から頑張ろう!

 

以上

東京理科大学 理工学部 応用生物科学科

西ヶ谷夏輝