受験期に意識していたこと | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 12月 15日 受験期に意識していたこと

こんにちは!

担任助手2年の江森です!

12月も中盤です!

共通テストを意識した勉強に切り替えられてますか?

国公立の人は特に意識しましょう!そして残り約1ヶ月!

最後まで最大限の努力をしましょう!

 

さて、今回は

「受験期にこだわっていたこと」

について話していきます。

まず、皆さんの中に

勉強している自分に満足していて

模試の点数に対してこだわりを持っていない人はいませんか?

「やばい」の一言で片付けたり、

伸びた科目にのみ目がいき弱点から目をそらしてはいけません。

点数に貪欲になりましょう。

そこのこだわりは忘れてはいけません。

 

入試では点数を見られます。

皆さんがいかに頑張ったかの経過は見られません。

結果が全てです。

新高3生はこれから受ける模試は

数えるほどしかありません。

そのため1回たりとも無駄にしてほしくないです。

 

具体的にやるべきことは、

目標点と自分のギャップを埋めるための策を立てることです。

仮に英語が苦手なら、

次の模試までに英語は何点上げる必要があって

そのためには全体の勉強に占める割合はどのくらいなのか、

どの分野が具体的に苦手か、

などたくさん考えることがあります。

 

といっても、今何をやるべきか分析するのは難しいですよね。

東進模試では、

志望校の合格可能性を総合評価により判定を提供しています。

そして最大16ページにわたる詳細な成績表に記載された詳細な学力分析をもとに、

今後の策を立てていけば

学力、そして合格可能性は飛躍的に高まります。

ぜひバナーからチェックしてみてください!↓

 

自分は模試の結果を次に繋げるという意識を持ちつことで、

模試が成績が出るものというものというだけではなく、

次へ繋げるための気づきの場として意識できました。

そのおかげで、

計画も先への意識をもって立てれるようになりました。

模試で出た結果を受け止めて、

次に繋げることにこだわりを持ってやっていきましょう。

 

また、今全力で頑張っているつもりの人も、

もう2段階ギアを上げましょう!

通学時間も勉強をする

不必要な休憩時間を減らす

休憩時間中に何かしら勉強をする

などなどできることはたくさんあります。

そういった習慣を今のうちに克服しないと、

後悔が残りますよ。

成績向上に貪欲になりましょう!

絶対第一志望に合格しましょう!

 

その他バナーはこちら↓

以上

東京都立大学 都市環境学部

江森隆聖