冬休みの勉強と部活を両立させる方法! | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 12月 21日 冬休みの勉強と部活を両立させる方法!

こんにちは!

担任助手1年の国武です!

さて、本日は冬休みの部活と勉強の両立についてお話しします!

 

まず、自由な時間があるのはどれくらいなのか明確にしましょう!

 

これは部活と勉強を両立させる上で最も大事なことです。

部活をやっている人は部活をやっていない人よりも当然のごとく、時間があまりないです。

 

そのような生活の中でいかに時間を見つけ出すかが重要になってきます。

 

集中してまとまった時間が大事になってきますが、

部活を終えて帰宅した後の夜の時間帯は体が疲れているので脳が働かず集中できず、

あまりお勧めできません。

 

そんな中で勉強しても効率も最悪ですし、記憶が定着しません。

 

自分自身も部活後すぐに図書館に行って勉強しに行きましたがすぐねてしまいました。

 

 

集中して勉強できるまとまった時間はなるべく朝にとったほうが効率が良いです。

 

 

つまり生活習慣を朝型に変えることが大切です!!!!

 

夜遅くまで起きて勉強するのではなく、その日の復習や次の日の予習を終えたら夜更かしをしないで早く寝ましょう。

 

その代わりに朝早く起きてまとまった勉強時間を取りましょう。

 

また、電車やバスで通学している人はその移動時間を勉強に当てましょう。

 

といっても電車のなかでテキストを開くのはなかなか難しいので、

東進の優秀な暗記教材、高速基礎マスターを使って暗記系の勉強をするのががお勧めです。

 

 

眠気というのは、

特に部活をやっている人にとっては絶対に皆さんが抱える問題だと思います。

 

眠い時に勉強をしても絶対集中できないし、結局時間だけがどんどん過ぎてしまいます。

もし眠くなってしまった時は仮眠をとる事も一つの手です。

しかし、1つ大事なことは、「仮眠」にとどめておくことです。

仮眠を取る際は15分までにしておきましょう。

それ以上眠ると今度は睡眠ホルモンが出てしまい逆に眠くなってしまします。

そして集中力も格段にさがります。

 

自分にあった効率の良い勉強をするためには時間に対する意識を変える必要があります。

これは慣れるまで時間がかかりますが、慣れたら格段に勉強の質が上がります。

 

部活をしていない人に比べて部活をしている人はどうしても勉強時間が少なくなってしまします。

 

そんな中で周りの受験生に勝つには質を高める以外に方法がありません。

 

部活と勉強を本当に両立させて大学受験に合格したいと思うなら、無駄な時間を最大限削ってください。

 

朝起きて10分、20分とスマホを見ていませんか?

部活が終わって家に帰ってきてからスマホを見ていませんか?

 

そんな時間があるなら受験までにやっておきたい問題を何問か解く事ができます。

部活と勉強を両立できない原因のところでもお話しましたが、

結局は言い訳をして逃げているだけだと思います。

本当に志望大学に合格したいならその意識を変えてください。

 

部活と大学受験を両立させないといけない時期は大変ですが、その時期を乗り越えた受験生は強いです。

大変ですが、どちらも手を抜かずに頑張ってください!!

 

 

さいごに、東進ハイスクール南浦和校では、生徒のとき南浦和校に通っていた担任助手がどんな生活をしていたかや、

受験勉強において注意するべきことなど、自分の体験を基にプレゼンテーションをする合格報告会があります。

 

 

↓↓ もし少しでも興味があるという方は下のバナーをクリックしてください ↓↓

 

以上

法政大学

情報科学部 ディジタルメディア学科

国武磨秀