今日は南浦和模試!! | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 8月 8日 今日は南浦和模試!!

こんにちは!担任助手1年若林海人です!!

自分は、高校野球をやっていたというのもあって

7月25日に埼玉県高校野球選手権大会

準決勝を見に行きました!

晴れていて絶好の野球日和でしたが、

観戦者側からは暑すぎました、、

やっぱり何か一つの目標に向かって

みんなと全力で物事を行うことはいいなと思います。

自分ももう一度戻りたいです笑

高校野球は特にそれが見られると思っているので、

ぜひ皆さんも見てみてください!

今年はコロナウイルスの影響で無観客となってしまいましたが、

夏の甲子園大会も明日から始まるので

自分もテレビで観戦したいと思います。

受験を控えている皆さんも

第一志望校合格という目標に向かって

全力で受験期を過ごしましょう!

 

 

さて、話が長くなってしまいましたが

今回の内容は南浦和模試についてです!

まず南浦和模試とは何かというと

東進ハイスクール南浦和校で独自に行っている模試のことで、

8月22日に行われる第3回共通テスト本番レベル模試で

当日の目標点を突破できるように、

改めて現在の学力を知り

2週間の予定を立てて

そこに向けていけるように開催するものです!

(問題は各自、過去問演習講座の中でまだやり終えていないものを持参します)

 

模試は重要なものですが、

この8月に行われる共通テスト本番レベル模試は

特に大事なものです。

なぜなら、夏休みの勉強の成果を出すとともに、

本番必要な点数とのギャップを知り

夏休み以降の学習計画を立てていくのに大事

要素となるからです。

そんな共通テスト本番レベル模試で、

できるものなら目標点を突破したいですよね。

そのために、二週間前に一度模試を行って

少しでも目標点に近づけるようにします!

また、現在は二次私大対策を主にやっていると思いますが、

約1週間ほど前からは共テ模試に向けて学習をしていきましょう!

 

そんな南浦和模試が終わった後に重要になってくるものは

なんといっても解きなおし自己分析

2週間の予定立てです!

自分の中でどの科目・単元が弱いのか、

どこを重点的に勉強して点数を伸ばす必要があるのか

しっかり分析して予定立てをしていきましょう。

予定立てのコツとしては

①模試までの総勉強時間を出す

②勉強するものをすべて書き出す

③科目ごとの割合を考える

これらをすることで各科目模試までに

どのくらい勉強時間があるのか、1日何時間やるのか

がはっきりし、予定立てがしやすいと思います!

また、”書き出す”ということも重要で、

見える化することでやりたいことを明確にできます!

予定が立てられたらあとは勉強するのみです!

目標点目指して全力で勉強していきましょう!

 

以上

一橋大学経済学部

若林海人