模試は受けてからが大事! | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 5月 30日 模試は受けてからが大事!

 

こんにちは!担任助手1年浅野竜輝です。

二日連続での登場です。

この土日はとても暑かったですね。

もう季節はを迎えようとしています。

みなさんは夏をどのように過ごすのでしょうか。

夏といえば、花火大会など風物詩はたくさんありますが、

夏は「受験の天王山」とも言われています。

人生を変えるきっかけとして勉強に思い切り打ち込む

夏もいいですね。東進で勉強しましょう!

ちなみに自分は夏らしいことをたくさんしようと思っています!!

さて、話は変わりますが…

先日、東進では

早慶上理・難関国公立、全国有名国公私大模試

が行われました。

↑の模試についてはひとつ前のブログで話しているので、

そちらを見てください!

今回は模試を解いた後にするべきことを3つ話します。

1、自己採点をしよう!

 そんなことは当たり前と思う人も多いとは思いますが、

しっかりと自己採点をしていない人、結構多いです。

 南浦和でも自己採点をしたかを聞くと、

「まだやってません…」という声をよく聞きます。

 自己採点はこれから以下でお話しする

自己分析をするうえでとても大事なことです。

 模試が終わったら、

まずは自己採点をして点数や出来を確認しましょう!

 

2、復習をしよう!

 模試を受けて終わりにしてしまう人いるのでは!?

 ただ受けるだけでは

模試を半分も生かし切れていないのです。

 復習をすることで

 ・間違えてしまった問題の傾向を掴み自らの欠点を克服する

 ・新しい知識を自分のものにする

 東進ハイスクールで行われる模試は

復習の体制が素晴らしく整っています

 ・有名講師による解説動画!

 ・解答は詳しい解説付き! 

 活用して自分の力に変えていきましょう!

3、自己分析

 上の1,2に共通する部分ではありますが

模試後には必ず自己分析をしましょう!

 自分は何が出来て、何が課題であるのか

 課題を克服するためにはどうしたらよいか

 模試を受けることで自分の現状が明確になります。

 模試を模試で終わりにせず、

日々の勉強の糧になるように

模試の後は必ず自己分析をしましょう。

とは言っても

自己分析ってどうすればいいかわからない…

そのような人はたくさんいると思います。

しかし!!東進ハイスクールであれば、

そんな心配は一切必要ありません!

南浦和校には大学受験を経験し、

受験のノウハウを持つ頼れる担任助手が

たくさんいます!

模試を最大限に生かすことのできる受験生

になれるよう

一緒に切磋琢磨していきましょう!


 

 

以上、担任助手1年浅野竜輝