普段の勉強から本番を意識しよう! | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 10月 13日 普段の勉強から本番を意識しよう!

担任助手1年の小塗真穂です。

 

最近寒くなってきたので、体調を崩さないように気を付けましょう。

余談にはなりますが、生まれてから1度もインフルエンザになったことがありません!

 

私は食事睡眠をとても大切にしています。

この二つが体調を整える上で本当に重要だと思うので、

受験勉強、定期テスト対策で睡眠時間を削っている人がいると思いますが、

絶対に無理はしないでください!しっかり寝てくださいね^^

 

突然ですが

 

皆さん、日頃から本番を意識して勉強できていますか?

 

本番を意識というと漠然としているので、具体的に見ていきましょう。

 

①過去問演習を行う時の時間配分

 

時間配分を気にすることなく、ただ過去問を解くだけになってしまっている人が何人かいるのではないでしょうか。

 

大問ごとの通過時間を決めておくと、最初の方で時間をかけすぎてしまって最後まで解き切ることができない。という失敗を未然に防ぐことができます。

 

加えて、各大問の簡単な問題に必ず手を付けられるので、点数の底上げが可能になります。

 

過去問の時間配分を意識することで、志望校合格に近づきます!

 

まだできていなかった人は今日から実践してみましょう!

 

②演習をする環境

 

過去問を解く環境も重要です。PCの前で解いたり、家でだらだらしながら解いたりしては試験本番の環境とはかけ離れてしまいます。

 

いつも緊張しない人であったとしても緊張してしまうのが受験です。

 

試験そのものは再現できないとしても、演習をする際に毎回緊張感を持っていれば試験本番、緊張することなくベストパフォーマンスが出せると思います。

 

緊張感を持って演習しましょう!

 

③朝型の生活リズムにする

 

普段朝型の生活リズムで勉強できている人はできていない人より、入試でのパフォーマンスがいいはずです!

 

ぜなら、入試当日はかなり朝早く起きて行動しなければいけないからです。

 

電車での移動は余裕をもつ必要があります。必然的に朝早い行動が必要になります。

 

普段の勉強と直接的に関係するわけではありませんが、朝型の生活リズムにして、朝勉強することは本番を意識したと言えると思います。

 

ここまで本番を意識した勉強について話してきましたが、

本番を意識するには模試を受けることがとても重要です。

 

10月25日に全国統一高校生テストがあります!ここで試験の緊張感、時間配分を意識して受験することができます!

とてもいい機会だと思いますので、ぜひ受験してください!

お申込みは下のバナーをクリック!

 

模試を受けた後の復習も怠らないようにしてください。

今回間違えた問題が試験本番、出題されるかもしれません。

常に本番を意識して勉強していきましょう!

 

 

以上

早稲田大学

商学部

1年

小塗真穂