復習が大事な理由 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2019年 6月 20日 復習が大事な理由

こんにちは!

担任助手1年の佐藤です。


突然ですが皆さんは予習と復習どちらに力を入れていますか?


受験を指導している多くの塾や予備校では「復習主義」を掲げていますが、

なぜそんなに復習が 大事と言われるのか。


これは脳科学的に正しいことなんです!

今回は復習が大事な理由を二つのポイントに絞ってお話ししたいと思います。


 ①「短期記憶と長期記憶の特性」⇒次の日には忘れるという事実

人間は”寝る”と忘れる生き物です!


「短期記憶」を、いかに効率よく「長期記憶」化させるかが、

特に受験勉強ではカギとなります。

私たちが寝ている間に、脳は日常たくわえられた情報を、

「これは必要な情報」「これは必要ではない情報」

取捨選別しています。

学校の勉強で学ぶことは、将来的には生きることに役立つかもしれませんが、

当面生きるうえでは「必要ではない情報」です。

だから長期記憶に残りにくいのです。

つまり、脳科学的に見れば、

「いくら勉強してもなかなか身に付かない」

「覚えられない」

というのは、きわめて自然なことなのです!


しかし、仮に毎日同じ項目を反復復習すれば、

脳は「これは毎日入ってくる情報だから、 必要な情報なんだな」

と勝手に思ってくれて、

「短期記憶」から「長期記憶」に移行させてくれます。

つまり、”脳をダマすこと”が重要なのです!!


 ②「エビングハウスの忘却曲線」

「エビングハウスの忘却曲線」によると、意味のない言葉の暗記など、

普通の単純暗記であれば、

1時間後には56%、24時間で70%、48時間後には80%も忘れてしまいます。

反復復習、すなわち学習した単語やフレーズを、

間隔を開けて何度も繰り返し復習するこ とにより、記憶に定着します。


学習した翌日に1回目(の復習)


その1週間後に2回目

さらに2週間後に3回目

さらに1カ月後に4回目

このような復習スケジュールが、脳科学的に最も効率的です!

この事実を知っている勉強のできる人は、

ほとんどが「復習重視」型なのです!!

覚えたことを忘れないようにするには、

忘れる前に復習を繰り返しして覚える

しか ありません。


ここまで復習の重要性をお話ししてきましたが、

予習と復習そもそも両方やるのが一番良いのは間違いありません。


ただし「力を入れるべきは、予習より復習」

というポイントを忘れないでください。

復習には、予習の何倍も時間をかけてください。

出典 「復習4回」で脳をダマすことができる:PRESIDENT Online

  一夜漬け(いちやづけ)」は効果がないのでやめたほうがよいという話

 

 

 

また、東進ハイスクール南浦和校では

7月10日公開授業があります!

担当講師は安河内哲也先生!!

ぜひお友達と一緒に来てください!

以上

首都大学東京 システムデザイン学部 インダストリアルアート学科

佐藤由紀菜