共通テスト本番レベル模試まであと一週間!!! | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 2月 17日 共通テスト本番レベル模試まであと一週間!!!

どうもみなさんこんにちは!

担任助手2年の星です。

今週は多くの受験生が第一志望校の受験を迎えました。

朝、受験会場に応援しに行くと

いつもの雰囲気とは異なり、

少し緊張している様子の生徒が多かったです。

全受験生受かることを祈っています。

さて、今日のテーマは

『共通テスト本番レベル模試まであと1週間!』です!

現在の受験生が本番を迎えていますが、

現在の高校1、2年生も本番までのカウントダウンは始まってます。

いろいろ対策はしなければいけません!

なぜなら大学入学共通テストはいろいろ変化するからです!

大学入学共通テストの1番の大きな変化は英語の配点だと思います。

従来の試験では、《筆記:リスニング=200:50》でしたが、

大学入学共通テストでは《筆記:リスニング=100:100》というように

リスニングの能力が今まで以上に求められます!

しかし、リスニングに対して苦手意識を持っている方いませんか?

そこで!

リスニングの対策を模試までの1週間で

いろいろやってみてください!

「苦手だからできない」のではなく、「できないから苦手」なのです!

簡単なことですが、リスニングに限らずこの考え方は大事だと思います。

少しずつでいいので、まずは「できない」を「できなくはない」、

そしてそれを「ちょっとできる」にする。

この積み重ねが「できない」を「できる」に変えていきます。

と、ここまでは考え方を変えるだけなので簡単ですが、

難しいのはここから。

そのために何をやるか、です。

リスニングの勉強に関していうと

、例としてまず挙げられるのは高速マスター基礎力養成講座の音声学習です!

使ったことのない生徒の皆さんも多いと思うので、ぜひ一度使ってみてください!

高速マスター基礎力養成講座の音声学習では、単語や熟語、文法などの講座で

音声を自動再生して学習できます。

スマートフォンのアプリで簡単にできるので通学中にもオススメです!

他にも学校の授業中でやるリスニングや、

発音がわからない単語を調べて正しい発音を知る、

YouTubeなどで英語の音源を聞く、洋画を字幕で見る

など身の回りにたくさん教材はあります。

なので、いろいろ試してみてください!

この1週間ですぐには上がらないかもしれませんが

継続して対策し、模試でチェックをするということを

繰り返せば必ず伸びます!

なので今からちょっとしたことをやってみてください!

東進生の方ではないけれども

高速マスター基礎力養成講座をつかってみたいという方は

今実施している『新年度招待講習』にぜひ申し込んでみてください!

申込みはこちら↓

その他にも随時相談を受け付けているので

ぜひお気軽にお申込みください!

以上

南浦和校担任助手 星武宏