二次私大の過去問の解き方 | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 8月 26日 二次私大の過去問の解き方

こんにちは!!

担任助手1年の川原です。

もうそろそろ夏休みが終わりますね。。。ラストスパート頑張りましょう!

 

さて、今日は二次私大の過去問の解き方についてお話しようと思います。

だんだんと二次私大の過去問を解き始めている生徒さんが増えてきているのではないでしょうか。

夏休みに二次私大の過去問に触れておくことはとても大事なことです。

ですが、やり方を一歩間違えると受験に大きく関わることになります!

受験を失敗しないためにも正しい計画を立てて勉強していきましょう!

 

まず、自分の第一志望の大学の最新年度の過去問を解きましょう!

最新の過去問を解くことでその大学の最新の傾向を知ることが出来ます!!

過去問を夏休みに解く大きなポイントとして大学の問題傾向を知ることがあります。

いち早く必要な力を理解することが第一志望校への近道です。

 

次に過去問を解いて点数だけを見るのではなく、その後の分析を大切にするということです。

自分に足りていない分野や苦手な範囲は何かを過去問から分析することができます。

 

さらに、質も大事ですが、をしっかりとこなすということです。

東進ハイスクールでは夏休み期間中に二次私大の過去問10年分を目標に計画立てしています。

圧倒的な演習量で過去問を解くことに慣れ、効率の良い分析をすることが出来ます。

 

 

最後に

一番大切なことは過去問の点数に一喜一憂しないことです。

最初は目標点に全然届かないと思います。

だからといって、あきらめるのではなく、

何の教科にどれくらい時間をかけるべきなのかを見極めることが必要です。

反対に思っていたよりも点数が取れていたとしても

あやふやな知識はないか最後までしっかり復習する気持ちが大切です。

 

東進ハイスクールでは、過去問データベースや赤本貸出をして受験生の皆さんのサポートに努めています。

9月からは新学期が始まるとともに、単元ジャンル別演習がスタートします。

第一志望校に特化した勉強をすることでより効率的な学習ができます。

 

 

夏休み残り少し頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

以上

担任助手1年川原那月