12月 | 2019 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ 2019年12月の記事一覧

2019年 12月 5日 最終センター模試で最高得点を叩き出そう!

こんにちは!担任助手一年の山口雄大です。

 

さて今回のテーマは「最終センター模試で最高得点を叩き出そう!」です。

 

東進では12月15日(日)に最終センター模試を行います!

もう2週間を切っていますね。

最後のセンター模試。

自分の今のレベルを把握するにしても、最終的に受ける大学を決めるにしてもこの模試は本当に重要です!

入試直前の模試の結果はモチベーションにもつながりますからね…

自分もこの模試はかなり緊張しました。

点数が低かったらどうしようとか

10月模試から伸びなかったらどうしようなどなど

不安だらけでしたね。

 

そんな最終センター模試で失敗しないためには残り10日間何をすべきだと思いますか?

自分は2つあると思います!!

 

①苦手分野を対策する!

これが1番模試の点数を左右させると思います。

苦手分野って放置しがちですよね。

わからないからなかなか手が出しにくいと思います。

しかし、模試の得点が大きく伸びるのはこの苦手分野をいかにつぶせるかどうかだと思います!

この時期得意分野をいくら勉強しても点数は伸びにくいです。

苦手分野克服こそ志望校合格の近道だと僕は思ってます!

 

②基礎問題に戻る!

直前こそ応用問題をやってさらに得点を伸ばしたい!

そういう気持ちには絶対なります。

たしかに他の受験生と差をつけるのは正答率の低い問題を取れるかどうかです。

しかし基礎は土台となる部分!

ここをしっかりと最後の最後まで固めることは点数を伸ばす以外にも点数を安定させることにつながります。

試験本番は緊張して、基礎問題なのに解けない!なんてことにはなりませんね。

 

最終センター模試直前、入試直前はこの苦手分野と基礎の2つを大切にして勉強していくといいと思います!

最後まで頑張りましょう!!

 

 

南浦和校では12月17日(火)に渡辺先生が公開授業をして下さいます。

高校1、2年生のうちに英語の基礎を固めたい!とか直接先生の講義を受けて刺激を受けたい!って思っているそこのあなた!

ぜひぜひ下のリンクから申し込んでみて下さい!

 

 

東進では冬休みに冬期特別招待講習を行います。

なかなか勉強が始められない人はもちろん、学力を伸ばしたいって人は受けてみませんか?

冬休みから受験勉強のスタートダッシュを一緒に切りましょう!

 

 

 

 

以上

上智大学理工学部機能創造理工学科

山口雄大

 

 

2019年 12月 4日 公開授業の再度お知らせ

 

 

こんにちは。

担任助手1年の佐々木です。

最近町が賑やかな気がしますね。

たくさんの飾りを見て、もうすぐクリスマスだなと思いました…

私の学科では毎週調理実習を行っているのですが、

前回はクリスマス料理を作りました。

とてもおいしかったです!

次回はローストチキンやブッシュドノエルを作ります。楽しみです。

 

それでは本題に入ります。

皆さん、12月17日は何があるか覚えていますか?

 

 

そうです。

渡辺勝彦先生の特別公開授業があります!

先月のブログで私から公開授業の魅力や内容について

米本先生からモチベーションについて話しています。

 

公開授業の魅力 こちら

モチベーション こちら

 

 

というわけで今回のブログでは私から

公開授業に参加するメリットをお話したいと思います。

 

 

1、英語を受験英語として捉えることができる

 

みなさん、受験英語と聞いて何を考えますか?

いきなり受験英語と言われても…

と思いますよね。

まず、英語は文系理系問わず

必須の受験科目になります。

そんな大切な科目である英語を受験の主要科目として捉え

勉強することができているでしょうか?

学校の授業を受けているだけでは足りません。

自ら求め学習しなければならないのです。

この公開授業に参加すれば、

必ず英語を受験英語として捉え勉強できるようになります。

 

 

 

2、学年が変わる前にスタートダッシュを切ることができる

 

1でお話したように

英語は受験英語として捉えなければなりません。

そのためにはまず、授業で習う基礎的な部分をマスターしていなければなりません。

みなさんは今まで習ってきたものを

しっかりと復習しきれていますか?

やりきれていない状態で次に進むと

どんどん出来ないものが溜まっていきます。

溜め続けるとどうなってしまうでしょうか…?

 

最終的にやることが多く

受験に間に合わなくなってしまいます。

習ってきたものをマスターした最高の状態

受験英語のスタートを切りましょう。

 

申込はコチラ↓

 

 

 

また、東進ハイスクール南浦和校では冬期招待講習を行っています。

学年が変わる前に習ってきたすべてをマスターするためにも

この冬にできないものや苦手をつぶしましょう。

何をすればいいか分からない方も安心してください。

私たち担任助手が最高の冬休みになるよう

全力でサポートさせていただきます。

申込はコチラ↓

 

 

以上

日本女子大学家政学部食物学科食物学専攻

佐々木美和

2019年 12月 3日 模試はどうして大切か?

 

こんにちは、担任助手3年目の足立です。

みなさん、もう12月ですね〜。

あと一ヶ月で2019年も終わると思うと早いものですよね。

ただ、そう思うのって毎年年末の気がする、、、

まぁ、そんなことよりは残された一ヶ月をどう過ごすか、そして2020年をどうやって行こうか考えることが大事ですね!

受験生のみなさんは勝負の二ヶ月ですね!ラストスパート!!ぶれずに負けずに頑張って行きましょう!!

 

今日は

「模試を受ける意味」について

お話させていただこうと思います。

受験生のみなさんはかなりの数の模試を直近で受けたと思います。

しっかり復習・分析できていますか?

ここから模試の点数が自分に安心感を与えてくれたり、頑張る気持ちを煽ってくれたりするものです。

昔受けた模試の帳票をみて自分の成長を感じるのもいいですね!!

 

また

今高校2年生1年生のみなさんはまだ学校で実施されるもの程度だと思います。

模試を受けることは今の点数を知る以上に意味があります

僕が思うところで一番大事なものは

 

これからの目的の一つの指標にすることです。

 

時間は有限です。今高校1年生2年生であろうと受験をする日はすぐにきます。

受験だけに限らず毎日頑張っている部活の大会などもすぐきます。

そういった日々の中で何が必要かというと、日々成長して行こう ということです。

成長の定義をほど曖昧なものはなく

何を持って自分が成長したかわかりにくいですがそれは自分の中で定義づけしていいと思います。

 

前できなかった数学の問題ができるようになったことも、

学校で行われたテストの順位が上がったことも

今まで敵わないと思っていたライバルよりも少し長く走れるように、動けるようになったことも。

 

全てに置いて成長といって良いでしょう。

話を戻すと模試はその指標となります。

次の模試までに何点成長してやろう、毎日これとこれをやろう、といった具合に。

日々の中で目標を意識しながら行動できれば成長は止まらないと思います。

冒頭でもお話しましたが

ちょうど来月から年を開けるので2020年の自分の具体的な目標を立ててみてはいかがでしょう。

以上

明治大学 法学部 法律学科

足立 祐太

 

2019年 12月 2日 東進模試の魅力!

皆さんこんにちは。担任助手5年目の松尾です。

いつの間にか12月に入ってしまっていました。。。

あー、もう12月かーーー。

12月といえばクリスマス、そしてサンタクロースですね。

この間サンタクロースが世界中の子どもにプレゼントをあげるためには理論上どれくらいの速さで働かないといけないのかという動画を見ました。

個人的にはすごく面白かったので、興味がある人はぜひぜひ見てみてください!!

 

さて、本日は東進の模試についてご紹介します。

実は12月15日には「最終センター試験本番レベル模試」が実施されます。

東進模試の特長と言えばやはりこの3つ!

 

特に特長3は非常に強力ですね!

模試は現在の学力を把握し、これからの勉強に活かしてこそ意味があるものです。

リアルタイムでの点数がわかるこの模試は、受験者にとって最高の参考データになること間違いなし!

実際に東進模試はこういった特長があるため、受ければ受けるほど伸びていく模試です。

現行のセンター模試の出題形式に即したこの模試の申し込み締め切りは12月11日(水)です。

今現在の学力をしっかりと把握して、今後の勉強に活かしていきましょう!!

 

そしてそして!

東進模試から2日後の17日(火)は渡辺先生による公開授業があります!

普段は映像授業を展開している東進が年に数回だけやるビックイベント!

今回は南浦和校に渡辺先生がお越しくださいます。

ぜひぜひこちらも奮ってご参加を!!

 

 

埼玉大学院 理工学研究科

博士前期課程1年

松尾 明彦

 

2019年 12月 1日 合格基礎力判定テストを受けよう!

こんにちは

担任助手1年森彩夏です。

12月に入りましたね。

朝夜の冷え込みが厳しくて駅までの自転車が苦痛です…(涙)

受験生のみなさんはセンター試験まで残りわずかです。

体調管理は万全に行いましょうね!

写真は高校受験を控える弟のためにR1が大量の我が家の冷蔵庫です。

 

そして高1,高2生のみなさんも、次はあなたたちの番です!

自分が1年後,2年後に受験と向き合っている姿が想像できますか?

受験勉強は始めたのが早いもの勝ちですよ

そこで本日はタイトルにもある通り

12/8(日)に行われる合格基礎力判定テストを紹介します!

 

特徴①基礎学力を徹底診断

志望校合格の土台となる「基礎学力」を徹底診断

志望校合格のためには、入試の応用問題で得点することが必要です。

そのためには、磐石な基礎学力を土台として築かねばなりません。

大学合格基礎力判定テストは、入試に必要な基礎学力を「大学合格力」と定義。

全範囲にわたって、徹底的に大学合格力を診断します。

同じレベルの模試を2ヵ月おきに受験できるので、学力の伸びを把握するバロメーターになります。

特徴②詳細分析

教科、単元、設問ごとの到達度がわかる詳細分析

大学合格基礎力判定テストでは、総合判定はもちろん、教科、単元、設問ごとに詳細な分析を行います。

志望校に合格した先輩のデータを元に、到達目標を算出。

合格者の成績推移との比較により、自分の位置がわかります。

そのため、今どの問題が正解できればいいのか、どの分野を今のうちに学習した方がいいのかが、ハッキリわかります。

特徴③優先学習順位と弱点克服

優先学習順位と、弱点克服のための学習課題を提示

分析を元に、1人ひとりの志望校、得点状況に応じた学習優先順位を信号で提示し、学習課題を診断します。

また、弱点分野をマスターするための復習ツールを提供します。

自分にぴったりの教材で復習することで、基礎から確実に力をつけることができます。

今やるべきことが「わかる」だけでなく、「できる」ところまでリードしていきます。

どうでしょうか!

少し長くなりましたが、このテストを受ければ自分の今の志望校とのギャップとそれに適した勉強法を知ることかできます。

是非、お申し込みください!

また、1人ではやる気が出ない…

なにからやればいいかわからない…

そんな悩みをお持ちの方!

東進ハイスクールでは

冬季特別招待講習を最大3講座無料で行なっております♪

この機会に、早期スタートダッシュを決めませんか?

南浦和校でお待ちしております。

 

…………まだ終わりません!

ながっ!って思った方、ここで読むのをやめたら後悔しますよ(^^)

そう!きたる12/17(水)19:30〜

南浦和校にて、かの有名な渡辺勝彦先生の公開授業があります!

もちろん無料です!!東進生でない方ももちろん参加することができます!

毎回大人気で、お席に限りがあります。

早期申込必須です!

↓お申し込みはこちら↓

 

 

 

以上

お茶の水女子大学 生活科学部

森彩夏