高校生レベルマーク模試の紹介 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 11月 7日 高校生レベルマーク模試の紹介

こんにちは、担任助手2年目の松尾です。

 

 

 

さてさて、もう11月になってしまいましたね。

受験生にとってはもうあとセンター試験まで70日を切ってしまっています。おおよそ、夏から今までの時間をこれからもう一回過ごせば、センター試験がやってくるということです。これを聞いて今ぱっとどう思いましたか?

・うわ、もうそれしかないのかよ、怖いな・・

・おお、やっとそこまで来たか、早く受けたくてうずうずしているよ!

などなど、人によって思うことはさまざまあるかと思いますが、僕が皆さんに伝えたいのは、

「怖がってセンター模試を受けるのではなく、解きたくてしょうがなくなるほどうずうずして受けてほしい」

ということです。やはり怖がって受けていても良い成績はあまり出ません。心の中では余裕を持ち、ゆったりと、かつ緊張感をほどよい具合で受けるのがベストだと思います。

しかしそういった状態になるためには準備が必要です。センターに対して解けるという確固たる自信がないと、やはり怖くなってしまいます。逆に言えば、自信があれば精神的に余裕が生まれてくるということ。

センターに対しては万全の準備を整え、自信を持って試験会場に向かいましょう!

 

さて、受験生へのお話は今回はそこまでにして、今日話したいのは主に高1・2年生向けです。

東進ハイスクールではさまざまな模試を実施しております。今回ご紹介するのが、

第3回 高校生レベルマーク模試

です。言わずもがな、センター試験は非常に大切な試験となります。それに備え、東進でも年に6回のセンターレベル模試を用意しているわけですが、高校1・2年生にとってはまだ学習していないところも試験に出てきてしまうため問題が解けないということがありますよね。

そんな時に活用していただきたいのがこの「高校生レベルマーク模試」です。

この模試は、高1・2生であってもセンター試験レベルを体感できるように、その学習進度を考慮して学年別問題、選択問題が用意されています。

即ち、未習ではなく既習の範囲からセンターレベルを体感できるということです。そして、東進模試で最大の武器は何といっても、

スピード返却!試験実施から1週間で成績表を返却します!

これって素晴らしいことだと思いませんか?まさにリアルタイムでの成績が出るということです。

ここで、

確かにこの模試が今のレベルに適しているということは分かったけど、今受ける必要はないよな・・・

って思った人いませんか?

模試が教えてくれるのは、今までの学習がどうだったかという過去のものだけではありません。

これから何をするべきで、どういったレベルまでできないといけないのかという未来のことまで教えてくれるのです。

先ほど受験生に対して、準備をしようねという話をしましたが、それは高1・2生とて同じこと。

センターを攻略するためにはどれほどのレベルが必要で、したがってこれから行っていく勉強をどこまで深める必要があるのか、それを知る準備が、この模試を受けることになります。

先を見据えた勉強は、成績を伸ばす上で非常に大切です。そしてこの模試は受験をしてから1週間後にはその結果が分かるため、より正確な先を見据えた勉強が可能になります。(時間が経てば経つほど、現状が変わってきてしまいますよね。)

高校生レベルマーク模試を活用して、より質の高い勉強をしていきましょう!

詳細情報・お申込みは右のココをクリック! ココ

また東進では無料の冬期特別招待講習を行っております。

今の勉強に自信がない、成績が伸びてなくて心配だ・・

といった人はぜひ一度申し込んでみてください。無料のカウンセリングも実施しますよ。

お申し込みは以下のバーナーをクリック!