過去問10年分できた? | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 7月 19日 過去問10年分できた?

こんにちは、担任助手1年の橋本です!

6月に初めて大学で授業があってとても楽しかったんですけど、またコロナウイルスの影響で授業がなくなってしまいました。

後期もオンライン授業が確定しそうで残念です。

 

 

さて今回は過去問についてです!

皆さんは過去問をどのくらい解いたでしょうか?

受験勉強をする時に大学の過去問を解くことはとても大切な部分となってきます。

 

 

まず最初に二次試験の問題は、大学によって大きく違います。

出題される量や範囲に大学ごとの傾向があります。だから受験をする前にその大学の入試傾向を知る必要があります。

過去問を解きながら、問題の時間配分や問題量、どの範囲が多く出題されるのか等を分析していきます。

 

 

また過去問を解くことで自分の得意、不得意分野が明確になってきます。

今までは受験に必要な知識をたくさんインプットしてきたと思います。

その知識が自分に身についているかを確認しアウトプットする場所が過去問です。

過去問を多く解けば解くほど、自分の苦手な分野が分かってきます。

それらをノートにまとめて、一つずつ苦手を無くしていきましょう。

 

 

 

過去問をいち早く解き初めて自分の苦手な分野を入試本番までに一つでも多くなくせるように、これからも頑張っていきましょう!

以上

法政大学理工学部機械工学科 1年

橋本雄飛