過去問演習~時間・環境編~ | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 11日 過去問演習~時間・環境編~

こんにちは!担任助手2年赤羽です!

4日になんとスカイダイビングに行ってまいりました!

人生で1度やってみたかったことの一つが叶いました!

皆さんの人生でやりたいことは何ですか?

大学生は自分のために使える時間が多いです!

大学生になったら是非やりたいことやってみてください!

と、その前に

皆さんは

第一志望校に合格しなければいけませんね!

 

受験生は

この時期もう過去問に

取り組んでいると思います。

今回は

過去問を解く環境や時間

についてお話します!

 

過去問をとく上で、

環境と時間の設定は非常に重要です

 

なぜだと思います?

 

過去問も模試

のようなものだからです

本番を想定して解くから意味がある訳です

家で、試験会場と

全く雰囲気の異なる場所で解くより、

東進ですと過去問演習会で

緊張感のある中で過去問に取り組むとでは

後者の方が

本番で力を発揮出来そうですね

上の写真は実際の過去問演習会の様子です

模試ではありません

それぞれが各自で過去問を持ってきて、

試験とおなじ雰囲気を出すために一斉に開始します

教室の机も

実際大学によくあるものなので

入試本番のためになります

 

 

次は時間です

皆さん時間はどう設定してますか?

無制限で解くより

しっかり本番と同じ時間で解くのは

当たり前にやってますよね

試験時間に関しては

実際の解答時間より短くして負荷をかけるのもいいですし、

最初のうちはオーバーしても

各大問何分かかっているか計測し

理想の解答時間とのギャップを埋めるために

どう対策するか分析するのも

いいと思います!

 

解く時間帯も意識できるとかなりいいですね

というのも例えば

試験本番の英語が13:00~だったら

過去問も13:00~

解きはじめるなどするということです

過去問は年数が限られてます

ただ普通に解くよりも

本番を想定して解いた方が絶対本番のためになります

 

残り5ヶ月程で本番です

頑張ってください受験生!

 

以上 

明治大学

赤羽優希