計画性とは | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 6月 8日 計画性とは

こんにちは。東進ハイスクール南浦和校の楢橋です。

最近気象庁から梅雨入りが発表されましたね!じめじめして過ごしにくい日が続きますが頑張っていきましょう!

また夏休みに向けて、勉強に向いた生活スタイルを確立していってください。

 

さて最近、「計画を立てても遂行できたことがない」という相談を生徒から受けました。共感できる人も多いのではないでしょうか。

そこで、計画どおりに物事を進めるポイントを紹介したいと思います。

・80%の可能性で達成できる量の計画を立てる

これはモチベーションの問題です。なぜだか、計画を立てるときは、自分はできる!なんて思って、ついつい出来そうもない量をやろうと思ってしまいます。しかしあとになって、こんなの出来ない。となり、結果的に計画が崩れます。80%、つまり、頑張ればできそう!という感覚が大切です。

・必ず計画はズレる→予備日の設定

文字通りです。何が起こるかわかりません。急に体調を崩したとか、友達とけんかして気分が悪いとか、難しい問題に出会って時間がとられてしまった。とか。不測の事態に備えて、予備日を設けましょう。

ちなみに私は毎週日曜日を予備日に設定して月曜日~土曜日までの修正や復習を行っていました!復習する習慣もつくのでおすすめです♪

・締切を意識する

何時までに終わらせる。という締切意識は、効率をアップさせます。これは何時まで。そう決めることで、計画遂行確立が上がるでしょう。

 

以上がポイントです。参考にしてみてください♪

 

 

また現在東進ハイスクールでは夏期特別招待講習を実施しています!

『受験の天王山』と呼ばれている夏は1学期分の勉強時間と同じだといわれています!

ここで他の人との差を埋めましょう☆

 

 

 興味のある方はこちらをクリック