脳が必要とする栄養「ブドウ糖」 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 1月 13日 脳が必要とする栄養「ブドウ糖」

こんにちは、担任助手の栄元です。

今日で、受験生はセンター試験本番まで 、高1.2年生はセンター試験同日体験受験まで

あと4日となりました…!

本当にあっという間ですね。 みなさん、準備はできていますか?

先月は「効率よく勉強するためには、午前中をいかにうまく活用するかが重要」というお話をしました。

今日は、脳が必要とする栄養ブドウ糖についてお話します。

三大栄養素には「たんぱく質」「炭水化物」「脂肪」があります。

どれも体にとっては重要なものばかりですが、 脳が必要とする栄養はただ一つ、「ブドウ糖」だけです。

ブドウ糖が足りなくなると、脳の活動力が低下してしまいます。

ブドウ糖を多く含む食べ物は米、パン、麺類、ぶどう、バナナ、ごぼう、イモなどです。

また、受験の前に「勝つ」と縁起をかついでカツを食べる人もいるようですが、

カツは肉、つまりたんぱく質なので脳はこれをうまく活用できません

むしろ、ご飯やパンやイモなどの炭水化物を食べた方が良いです!

ぜひ皆さんも脳に栄養を補給することに気を遣ってみてください♪

そしてセンター試験本番・同日まで駆け抜けましょう!

 

 

センター試験同日体験受験申込 ⇒ ここをクリック★