繋がれた愚者 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2015年 10月 3日 繋がれた愚者

こんにちは、東進ハイスクール南浦和校です。

本日は高校1、2年生向けの「模試の活用法」に関する話をします!

私の経験からいっても勉強が完成していない高校1、2年生のときには「模試を受ける意味ってあるのかな?」なんて思ったものです。

なにしろ、「英語の長文を読む勉強してない」「数学ⅡBにはまだほとんど手が付けられていない」「国語の勉強なんてしたことない」みたいな状況の人が一番多いに決まってます。

そんな状態で模試を受けたところで果たして、実力を知る意味もあるのか?みたいな感じだとは思います。

しかし、私は予備校に長く勤めてきて、1000人以上の担当生徒を送りだしてきて、ある一つの答えにたどりつきました。

それは「高校1,2年生だからこそ模試を受ける意味がある」という一見逆説的な答えでした。

この答えには一つの条件がつきます。「点数が何点であろうと、それは不問にする」という条件。

高校1,2年生のときに模試を受ける意味は点数を出すことではありません。

自分の志望校のレベルとのギャップをしることが第一なのです。

自分の勉強を始めるきっかけとなる模試を作りましょう。

その模試をしっかりと取っておくのです。

点数が気にしません。

今後の勉強を進めていく上で、幾度となくその模試に立ち返ります。

そしたら、以前は手も足もでなかったような模試がある日解けるようになります。

それが、あなた自身が積み重ねた勉強の成果として見えるのです。

毎回毎回の新しい模試では、以前もその問題を解ける力があったのかどうかわかりません。

以前時間をかけてしっかりと解いた問題を残して、ことあるごとに時直せば、「以前解けなかった問題が解けるようになった」というのは簡単にわかります。

「模試を受ける意味」はここに存在するのです。

なにも点数や結果だけを狙うのが模試の本領ではありません。

自分の勉強の指針を見つける、その核とする。

それはこの大学全入時代において間違いなく一つの解答を提示しているといえるでしょう。

 

「東進に模試ってあるの?」

いい質問ですね。このタイミングで高校1,2年生が受けるのにとっておきの模試が東進にはあります。

それが「全国統一高校生テスト」受験料はなんと無料。

友達と一緒にいかかでしょうか?

10月25日無料模試、全国統一高校生テストです!

全国統一テストのお申込は→こちらをクリック