第一志望対策講座とは? | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 11月 16日 第一志望対策講座とは?

 

こんにちは!

担任助手2年赤羽優希です

つい最近実習で回路を自分の手で組み立てるというのをやってきました!

上の写真が基盤の裏側、下の写真が表側です

どんな回路かというと左上と右上にあるライトが直流電源に接続すると交互にひかるというものです

裏側は何が何だかわかりにくいと思いますが、皆さんが中学の時扱ったであろう半田ごてをつかって表側にある素子を接続してあるだけです

中学のときと違うのはそれぞれの素子の役割を考えながら回路を設計、作成する点です。

理系の電気系の学部に進学する方達はやるかもしれないのでお楽しみに!

 

 

 

本日は東進の受験生がこの時期使っている

第一志望校対策演習について説明します

 

説明すると言っても複雑なので、

詳しく聞きたいなどあれば直接説明しますので

校舎の電話番号↓

0120-104-573

までお問い合わせください

ちなみにこの講座は

受験生のこの時期だから出来るものなので

今の高1,2生は

まだ使うことが出来ないので気をつけてください

 

 

こちらの講座何かというと

名前のとおり

第一志望の大学の演習に特化したものとなっています。

○○大学対策講座というのではなく

○○大学○○学部の対策

が可能な点です!

 

従来の志望校対策より違う点は

その学部の問題傾向、レベルを

東進独自のAIが分析して

演習セットを提供するので

ピンポイントで対策することが出来ます。

 

志望校別単元ジャンル演習との違いは

こちらの講座は弱点となる教科の単元・ジャンルを

第一志望校レベルの問題を最終到達点として

自分のレベルから

徐々にレベルを上げて演習していくというものです。

第一志望校対策演習は

第一志望校の志望学部の入試の出題傾向で

頻出であったり、合否を分ける問題を

確実に取るための演習講座です。

共通テストの大問別演習(大問ごとに分けられた過去の東進模試60回分)

第一志望校バージョンになった感じであります。

 

また演習セットごとに大問の傾向や対策法、類題を

提示したアドバイス資料があります。

自分のした過去問の分析と照らし合わせて

自分にあったより効率的な志望校対策が可能となっています

 

この講座を使いこなし、演習をしっかり積むことで

第一志望校の合格にぐっと近づくでしょう

 

ただし、この講座を使うのに前提として

第一志望校の過去問10年分

解いておく必要があります。

 

1年分解くのには

試験時間+○付け+分析・復習と時間がかかるので7月には解きはじめたいです

 

解きはじめるには志望校レベルのインプットが終わり、

ある程度使いこなせるようになっていなければなりません。

2次の過去問に入る前には共通テストの過去問演習をやりますし、

またこれに入るにはインプットは

絶対におわってなければなりません。

インプットが早く終われば後はアウトプットと細かい知識を詰めるだけです!

頑張れば多くの時間を他の人より演習に費やせるのです

つまり

高1,2のいま頑張ることが大事です!

頑張りたいという方は今東進では冬期特別招待講習と無料で講座を受けることが出来ます

はじめるのであれば間違いなくはやいほうが良いです

12/11までにお申し込みすれば3講座受けることが出来ます!

下のバナーから申し込みが出来ます!

少しでもやろうと思ったのであればぜひ一緒に受験勉強頑張りましょう!

 

 

 

 

以上

明治大学理工学部

赤羽優希