私(青山)が東進に入ったきっかけ | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2022年 11月 11日 私(青山)が東進に入ったきっかけ

こんにちは!

担任助手3年の青山です!

今日はですね♪

どこのコンビニやスーパーでもポッキーが売っていて、

思わず買ってしまいました笑

普段は買わない方も、

ぜひ今日は買ってみてください!

 

そんなことはさておき、今日は

『私が東進に入塾したきっかけ』

をお話したいと思います!

大学受験が不安で予備校を検討している方、

予備校選びに迷っている方

ぜひ参考にしてください!

 

私が東進に出会ったのは、

センター試験同日体験受験

でした。

当時無料で受験することができたので、

友達に誘われて、何気なく受験しました。

高校1,2年次は部活に励み、

最低限の学校の小テストや

定期テストの勉強しかしていなかったため、

結果は悲惨でした。

その後招待講習を通して、入学しました。

模試を受験するときも

予備校は考えていませんでしたし、

招待講習を始めたときも

入塾意思は全くありませんでした。

そんな私が入塾を決めた理由は

大きく分けてつあります!

 

1、受験に対する危機感

当時の私は、大学受験のことを

あまり深く考えていませんでした。

模試を受けたことでこのままだと

マズイことは分かりましたが、

では今すぐに何をするべきなのか、

1年後の合格のために

どんなスケジュールで進めたら良いのか、

までは理解していませんでした。

招待講習で通っている時に、

同じ高校出身の担任助手の先生が

残りの1年間のスケジュール

話してくれました。

無知だったため初めて知ることが多く、

その多忙さに驚いたのを今でも覚えています。

その時にやっと、自分の状況の危機に

気が付くことが出来ました。

 

2、校舎の雰囲気

招待講習期間、私はほぼ毎日東進に通っていました。

もちろん招待講習を受けている日もありましたし、

授業を受けない日も、自習室を利用していました。

校舎に行くと、どの担任助手の先生も明るく挨拶してくれました。

帰るときも、その日にやったことを確認してくれたり、

褒めてくれたり、「お疲れ様」と声をかけてくださりました。

勉強することは好きではありませんでしたが、

校舎に登校するのは苦ではありませんでした。

 

3、東進コンテンツ

東進は映像授業を使用しているので、

自分の好きなタイミングで受けることができます。

受講ルームは1人1人仕切られていて、

1人で集中して授業を受けることができる感覚が

私は好きでした。

講座の種類はたくさんあり、

自分にあった講座を選択することができたため、

英語に苦手意識を持っていた私は

基礎から始めることができて安心でした!

また、招待講習期間には高速基礎マスターにも

お世話になりました。

センター試験レベルの単語1800を、

高速基礎マスターを使って一気に詰め込みました。

スマホのアプリにもなっていて

手軽に取り組めたため、スキマ時間を活用していました。

 

長くなりましたが、

以上が私が東進ハイスクール南浦和校に

入塾した理由です!

予備校のことはもちろん、大学受験について

深く考えていなかった私が、

友達の一言がきっかけで東進に出会い、

入塾に至り、その後本気で受験勉強に挑むことができました。

「今すぐ」に入塾を考えていない方も、

ぜひ一度校舎に足を運んでみてください。

何かが変わるかもしれません。

ご連絡、または各種お申込みお待ちしております!

 

各申し込みはこちらから  ↓ ↓ ↓

 

以上

埼玉大学 工学部 情報工学科

青山由季