7日間でできることは、ある | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2015年 1月 10日 7日間でできることは、ある

こんにちは。南浦和校担任助手1年の中川です。新年初更新なのでまず、あけましておめでとうございます!

先日、同期の楢橋と、初詣に行って参りました。願い事は、言ってしまうと叶わないんでしたっけ。叶いますように!!

2015年も元気いっぱいで生徒指導させていただきたいと思っております。宜しくお願いします♪

さて、センター試験まで残り7日となりました。3年生、いよいよ本番が迫ってきましたね。1・2年生は、同日受験に向けてきちんと準備をしていることでしょう。

今回は、残り7日間の過ごしかたについて紹介しようと思います。

 

3年生

センターの過去問や類似問題を必ずといてください。ここでの演習の目的は、得点を上げることもそうですが何よりも、本番と同じように解く、ということです。

センター本番で聞くミスの多くに、緊張して時間が足りなかった。焦って良くわからなくなってしまった。マークミスをした。などの超初歩的なミスがあります。みなさんが初めて体験する受験本番、という緊張感は、焦りを生み、ミスを生んでしまうのです。

その回避のために必要なのは、準備。これ以外にありません!!

【問題を解く際のポイント】

・本番よりも5分短い時間で時間配分する

・本番と同じ順番(1回で解く!分けてはいけない)

・マークシートを使い鉛筆で解く

・人のいる環境で、机には余計なものを置かない

・始める前に1分以上間をあける

すべて、本番で練習のように試験をすることで、焦りを軽減する。ということが目的です。本番で実力を発揮し、今までの努力を結果にするために、必ず実践してください。

 

私は去年、センター試験を甘く見て、あまり準備をせずに本番を迎えてしまいました。その結果、本番で時間配分ミス、マークミスをしてしまい、お世辞にも実力を発揮したと言えるものではありませんでした。

みなさんにそんな失敗はさせたくありません。必ず謙虚な気持ちで、精いっぱいの準備をしてください。そうすればきっと、満足のいく結果が出せるはずです。

 

1・2年生

目標点を決め、それに近づけるような勉強をすること。まず、同日受験に向けて勉強するんだ、という意思を固めてください。

特に2年生のみなさんにとって、同日模試は大切なものです。2年生が終わるまでで、合格校はほとんど決まってしまうといわれている中で、同日の結果は今後の勉強方針決定の材料となります。みなさんは、3月末までに志望校の合格平均点まで得点を上げて、そのまま受験当日まで突っ走れる人材たちです。同日受験に向けて、受講高速マスター全力で臨んでいってください!

 

以上!残り7日間が有意義なものとなりますように。

 

同日体験受験のお申し込みはこちらから♪

1月26日の渡辺勝彦先生の公開授業もご参加お待ちしております!