模試を軸にした勉強を! | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 5月 22日 模試を軸にした勉強を!

こんにちは、南浦和校担任助手2年の松尾明彦です。

お久しぶりですね。(笑)

つい最近まで、僕は課題に追われていました。それはどんか課題かというと、、、、

「創造力を働かせてレゴブロックで何か作れ」

というものです。楽しそうに聞こえますか?

確かに楽しい作業ではありますが、これで成績が決まるとなると話はまた別で、結構大変なんです(笑)

(あまりにも完成度が悪いともう一回作り直さないといけないし・・・)

したがって、どういったものを作ればよいのか、またそれがレゴブロックで再現可能であるのか、などかなり考えました。

そしてその結果、僕が創りだしたのは「3枚のカードから学生証のみを検出するロボット」です。

学生証の時だけ、「good job」と音が出るようにプログラムを組みました。どのようにして他のカードと区別するのかは秘密ですが、

先生にとっては想定外の検出方法だったらしく、しっかりと評価がもらって一安心しました。(笑)

とまあ、個人的な話はここら辺にしておいて・・・(笑)

みなさん、模試、しっかりと受けてますか?

今日皆さんに伝えたいのは、「模試を軸にした勉強をしましょう!」

ということです。確かに模試を受けることに対して消極的になる気持ちは分かります。しかし、

そもそも模試が受験者に対して教えてくれるものって何でしょうか?それは、

今現在の学力過去)  ②これから何を優先的に学習しなければならないのか未来

だと思ってます。①は容易に想像がつくかと思いますが、実は②のようなこともあるんです。ちょうど過去・未来のような

イメージですね。ただただ勉強していただけでは、自分のどこが足りないのか客観的に見ることができず

学力は思うように伸びません。ただただ計画通りにやればよいのではなく、自分の足りないところを常に考えながら

「それを考慮した勉強をしていけば、できるようになる部分が多くなりそう」という想像は容易に思い受べませんか?

だからこそ、模試は受ければ受けるほど成績は伸びていきます。(しっかりと自己分析などは終わっているのが大前提)

これから6月に入ると東進では冠模試の1回目を行いますが、ぜひ模試を受けて、学力を伸ばしていきましょう!

模試申込みはコチラをクリック♪

 また、東進では部活生を応援する取り組みを行っています。「部活生招待講習」です!

この時期に、同じ部活の友達に差をつけよう!

お問い合わせはコチラをクリック♪