模試は受けてからが大事! | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 19日 模試は受けてからが大事!

こんにちは、反田です!
最近、暑くなってきましたね、、、
私はもう冷房デビューしてしまいました!(笑)
ずっとマスクをしていると暑くて外したくて外したくてしょうがないと思いますが、校舎では絶対外しちゃいけませんよ!
みんなで協力して感染予防していきましょう!
さて、今回は模試後の分析の大切さについて書きたいと思います!
 
6/21(日)に全国統一高校生テストがあります。
 
最近では、共通テストの過去問演習を行っている受験生も多いと思います。
(過去問演習に入ってない受験生はそろそろ本当に焦りましょう)
 
なかなか納得のいく点数がとれない。大門別演習で何度も演習しているのに点数が伸びない。。。
 
上記のような悩みを抱えてる人も少なくないでしょう。
 
そんな君たちに問います。
 
ちゃんとしっかり復習していますか?自分の苦手なところの分析はしていますか?
ただ模試を受ける、過去問を解くだけでは、せっかく頑張って解いているのにもったいないです!
 
例えば、、、
数学の場合、何でこの場合分け、この公式が思いつかなかったのかな?何で、ここで計算ミスしたんだろう?
 
英語の場合、答えを見れば明らかなのに何で長文から答えの箇所が見つけられなかったのだろう?どうして時間が足りなくなってしまうのかな?
 
このように、問題を解き終わり、答え合わせをしたときに一番色々な悔しいこと、疑問に思うことが出てくると思います。
 
その沢山の思ったことを、すぐに過去問分析シートに書き込みましょう。
この解いた直後の感想を思うだけでなく、文字で毎回しっかり書くことによって、自分の苦手なところがおのずと見えてきます
 
また、頼れる担任・副担任の先生にも意見を貰って下さい。自分1人では見えてこなかった弱点、解決策を示してくれるはずです。
 
そして、2週目を解くときにも1週目に解いたときにどのような感じだったかすぐに思い出すことができ、自分の成長に嬉しさを感じたりもします!
 
繰り返しになりますが、6/21(日)には全国統一高校生テストがありますね!
 
自分の苦手なところを克服し、少しでも良い結果を出せるように頑張っていきましょう!
1日、1日を大切に。昨日の自分より今日の自分は成長しているように。

毎日成長!

 
 
皆さんは模試を受ける意味は何だと思いますか?
私は、自分の現状を知り、学力を伸ばすためだと思います。
「まだ学校で全範囲学習していないので模試を受験するか迷っている」「今模試を受験しても良い成績を取れないのではないか…」という声を幾度か耳にしたことがあります。勿論、模試を受けるからには良い成績を取るに越したことはありません。
しかし、成績に一喜一憂しているだけでは模試を受験する意義は半減してしまいます。
模試を受験する上で最も大切なことは、自分の弱点を発見し、学力を伸ばすヒントを得ることです。
 
自分が今までに学習した内容がどれだけ定着しているかを測るために、是非この全国統一高校生テストに挑戦してみて下さい!