東進南浦和校で第一志望校の過去問解いてみて! | 東進ハイスクール 南浦和校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2021年 11月 13日 東進南浦和校で第一志望校の過去問解いてみて!

最近は冷え込みがすごく

厚着で過ごす日々が続くように

なりました。

寒暖差が最近は

激しいので

風邪をひかないよう

暖かくし、

手洗いうがい、消毒

を徹底しましょう。

さて本日東進では

高校2年生を対象に

第1志望校の英語の過去問

を解いてみました。

なぜ高校2年生がこの時期から

第1志望校の過去問を解くのか

というのには理由があります。

1つは『第1志望校と今の

自分の実力との差知るためです。

今の自分の立ち位置を知ることで

今後どのような勉強が求められ、

どのような学習量が必要になるか

など様々なことがわかります。

来年解いて初めて知るのでは

遅いのです。

なので必ず低学年のうちから

少しずつ過去問に触れる

様にしましょう。

2つ目の理由は『過去問

そのものの重要性を理解する

ということです。

過去問とは各々の大学で

特徴があり、これは数を

こなさないと

気づくことができません。

演習と復習が気付くためには

大事なので

今のうちから

演習を

繰り返し行っていき、

実力をつけていきましょう。

3つ目は

集団で解くというこ』です。

低学年のうちから

集団で入試問題を

解くということは

あまりありません。

強いて言えば模試くらいであり、

このような場は珍しいです。

このような場は早めに慣れないと

正直本番で結果に大きく作用します。

このような場は滅多にないので

極力参加していきましょう!

まだ実力的に早いと

怖気づいている人も

ここは1度

解いてみてみましょう。

もし不安なら

東進ハイスクール

南浦和校に相談

しに来てください。

待ってます!

 

以上

法政大学

理工学部

電気電子工学科

藏本宙賢