東進だからできること | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 6月 16日 東進だからできること

こんにちは!!!

大学3年の柳原です。

 

今週の土日はさいたま市の気温が35℃らしいですよ‥

おそろしい‥

部活生の子熱中症にはくれぐれも気をつけて!!

僕も高校時代はサッカー部だったのですがサッカー部は部活動の中でも特に引退時期が遅く

受験勉強に取り組み始めるのが遅くなってしまう部活です。

高校3年生の特にサッカー部諸君!!!!!

浪人を覚悟したり志望校を諦めて部活動に打ち込んでいません

か??

 

まだ間に合います!!

東進なら出来る、東進なら合格も勝ち取れます!

では東進でどのように合格を勝ち取るのかカレンダーを元に僕と一緒に見ていきましょう!!

各項目についてこれから説明していきます!!!
 
①基礎完全終了
 
(1)高速受講!!!
 
高速学習

従来の予備校は、毎週1回の授業で、第2講は第1講の1週間後、第3講は2週間後……と続きます。しかし、

東進なら、今日は第1講、明日は第2講……と、1年分の授業を最短2週間から1か月程度で集中して受講・修了することができます。
毎日受講する学習スタイルは、いつの間にか受験勉強を習慣化することが可能です。

高速学習

t-PODで受講すれば、授業の音声が音飛びしない状態で1.5倍速のスピード再生をすることができます。

90分の授業を1.5倍速で受講すれば約60分で講義が終了。

残りの30分は、わからない箇所を聞き直したり、その日の問題演習に使うなど、時間を有効活用することができます。

※t-POD受講システムとは、インターネットを介して「受けたいときにいつでも東進の授業を自宅で簡単に受けられる」新しい学習システムです。

高速学習

「校舎が開いていない早朝に勉強したい」「天候不良や交通機関の乱れにより外出できないけど受講したい」……
そんなとき、

東進のt-PODなら自宅で受講でき、さらに「確認テスト」や「講座

修了判定テスト」も校舎と同じように受験できます。

また、すき間時間を有効活用するためiPad・iPhoneでの受講にも対応しています。

高速学習
映像による授業を駆使した最先端の勉強法

東進の授業はおよそ1万種類。

そのすべての授業をt-PODにより映像配信しているので、個別に受講でき、一人ひとりのレベル・目標に合わせた最適な学習が可能です。
やる気になったときにすぐに始められ、理解に応じてどんどん先取りしたり、繰り返し受講したり自由自由。例えば高2の夏までに受験に必要な全科目の全範囲を修了し、秋から1年半かけて志望校レベルの実践的な勉強や受験を超えた大学教養レベルの学習をすることもできます。

高速学習
 (2)高速基礎マスター
 
高速基礎マスター

高速基礎マスター講座は、「知識」と「トレーニング」の両面から科学的かつ効率的に短期間で基礎学力を徹底的に身につけるための講座です。

パソコンではこんな感じ!!!

 
 
 
 

スマートフォンのアプリでは上のようになっています!!

大きく分けると、「高速暗記講座」と「高速トレーニング講座」の2つがあり、文法事項や重要事項を単元別・分野別にひとつずつ完成させていくことができます。推奨する受講期間は1講座もしくは1単元で10日〜1カ月。
インターネットを介してオンラインで利用できるため、校舎だけでなく、自宅のパソコンやスマートフォン・携帯電話で学習することも可能です。

高速基礎マスター
1.「できない」問題を洗い出し短期間で徹底的に修得する!

「高速基礎マスター講座」が一問一答集と大きく違う点が、未修得の問題を洗い出してリスト化し、弱点だけを一気に修得できる点にあります。オンラインで自動的に苦手項目がピックアップされ、暗記しやすい工夫がされているため集中して覚えることができるのです。何カ月もかけて取り組むのではなく、一気に集中して修了することがポイントになります。

2.定期的なトレーニングで修得した知識を定着させる

短期集中で暗記をしても定期的に知識を活用しなければ、やがて忘却してしまいます。そこで、定期的にトレーニングや修了判定テストを実施することで、一度修得した知識を深めより確実なものにできます。

 
 
 
②&③過去問演習講座

現役合格の秘訣は徹底的な過去問演習にあり!!!

時間がないそこの君!!

第一志望校に合格するには的確に自分の弱点を知り

的確に強化していかなくてはならない!

それをサポートするのがこの過去問演習講座である!!!

国立最難関大の現役合格を実現する秘訣の一つは過去問対策です。合格率75.2%。この数字は、過去問対策を徹底した東進生の難関国立大現役合格率です。

 

次の資料は、東進の「過去問演習講座」の取り組み方による合格率を示したデータです。

注視すべきは両者とも8月の「センター試験本番レ

ベル模試」の得点はほぼ同じであったにも関わら

ず、伸びが大きく違ったということ

過去問演習への取り組みの違いが最後に合否を分けたのです。

「過去問演習講座」への取り組み

再採点・再添削指導で完全答案を実現。
復習後に解き直した答案は、再採点・再添削指導を受けることができます。添削指導は、3回まで実施します。 

多くの受験生が過去問演習は1人で出来ると勘違いしています!!
 
過去問の採点は、「解答さえあればできる」と思う人もいるかもしれません。しかし、何となく正解に似ていると思っていても、思わぬところで減点される可能性もあります。やみくもに一人で過去問を解くのではなく、第三者に採点、添削をしてもらうことで、どの部分で加点され、なぜ減点されたかを把握することができます。採点、添削指導を受け、実力講師陣による解説で正しい解答プロセスを身につける。この繰り返しが確実な「合格答案作成力」を生み出すのです。

 

 
さーーーーーて、時間がないそこの部活生!
東進なら今、なんと部活生特別招待講習を実施中!
部活も頑張り志望校に行きたい子は東進に来てください!
 
僕らが責任を持って合格させます!
 
興味がある方は下をクリック!!
 
また高校1、2年生諸君!
3年になって焦らないように今から準備をはじめよう!1
 
今のをみて東進に入りたい、話しを直接聞きたいと思ってくれた方はこちらをクリック!!