担任助手になった理由 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2020年 11月 20日 担任助手になった理由

 

こんにちは、担任助手3年の寛咲恵です!

ここ最近急に寒くなってきましたね、、、

風邪を引かないように気をつけましょう。

インフルエンザにも要注意です!

 

今日は

私が担任助手になった理由についてお話します。

 

私が担任助手になった理由は

自分の失敗を後輩に伝えたいと思ったからです。

 

私は第一志望の大学に合格することができました。


 

 

 

 

しかし

すべてが思い通りにうまくいって、

大成功だったという訳ではありませんでした。

併願した私立大学のうちの多くは不合格でしたし、

高校1年生のときから憧れていた大学は

第一志望として目指すことすらできませんでした。

 

簡単にいうと、

本当に本当に目指したかった大学は他にありました。

 

しかし、私が東進ハイスクールに入学して本格的に受験勉強を

開始したのは高校3年生の6月。成績もボロボロでした。

現役で国立大学に合格したいという思いの方が強かったので、

頑張れば手が届きそうな大学を第一志望として目指すことに決めました。

将来やりたいことや進みたい学部ははっきりと決まっていたので

今の大学にはすごく満足していますが

ふと、あの大学に行けていたら今どうしているかな、本気で目指せばよかったな、

と考えることや少し悔しさを感じることがあります。

 

私の失敗はスタートが圧倒的に遅かったことです。

 

勉強量が足りなかったり、

勉強方法がよくなかったり、などの課題は後からいくらでも改善できます。

でも、スタートを早めることは後からでは当然できません!

 

自分が失敗してしまった分、

後輩たちには1日でも早く受験勉強を開始し、

1日でも早く本気で自分と向き合って、

ひとつの後悔もなく第一志望に合格してほしいと思い、

担任助手になりました。

 

担任助手になってからは

東進生の指導やサポート以外にも

まだ受験勉強を始めていない高校生と面談をさせてもらう機会が多くあり、

担任助手としての3年間でたくさんのきっかけを与えることができたと思います。

自分が少しでも関わった生徒が一生懸命勉強して、

合格を手にした時の笑顔は私の宝物です。

 

その人の人生を大きく左右する大学受験に関わるということは

ひとつひとつの行動や言葉に重大な責任が伴いますが、

私は、担任助手になって、3年目まで継続させていただけて

本当に良かったと思っています。

私の人生もプラスの方向に大きく変わりました。

 

まとまりがなくなってしまいましたが、

私が担任助手になった理由は

自分の失敗を後輩に伝えようと思ったから でした。

 

 

 

毎週日曜日 18:30~

担任助手1年生による合格報告会を行います!

今週は「寺尾先生」がお話してくれます!

受験を通して良かったこと、後悔していることなど

これから受験を迎える皆さんにとってとてもためになると思います!

少しでも気になる人は下のバナーからお申し込みください!

 

以上

東京農工大学農学部生物生産学科

3年 寛咲恵