大学をのぞいてみよう | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2015年 9月 5日 大学をのぞいてみよう

こんにちは、担任助手3年の中村です。

今日は、僕の通う千葉大学医学部の3年生の授業を紹介します。大学生というと9月前半は夏休み というイメージですが、多くの医学部は8月末や9月頭から後期が始まります。千葉大医学部3年生も例外ではなく9/1から始まりました。時間割はすべて必修科目(=1つでも単位を落としたら留年)、月〜金毎日1〜4限(例外あり)という構成で、後期の授業は、薬理学、細菌学、寄生虫学、ウイルス学などがあります。その中から、薬理学の授業の一コマをどうぞ。
高校の授業みたいですよね。内容的には専門用語がバンバン出てくるのですが、黒板を使った古風な授業です。一方、多くの授業がPowerPointなどのスライドを用いて、そのハンドアウトを配るという形式をとっています。
この授業の内容の一部をかいつまんで紹介すると、
・薬を飲んでも一定時間が経つと薄くなってくるから、また飲まなければならないが、そのタイミングを見極めないと、ちょうど良い濃さにならない
・心不全に対する薬(医療ドラマなどでよく出てくるニトロ)は反応経路のここに影響して、どう働くか
のようなお話です。

医学部の授業は大変特殊性が強いですが、やはりどの学部の授業にも特徴があり、他学部の話を聞くのは大変面白いです。南浦和校の担任助手は非常にバラエティー豊かです。学部は理工学部政治学部教育学部医学部など、大学は埼玉大学千葉大学慶應義塾大学明治大学青山学院大学立教大学など。学部のことや大学のことに関してもどんどん聞いてみると面白いかもしれません!

大学選びについての相談など、東進生であるかないかにかかわらず受付中です。ぜひ、普段、東進に通っていない方でもご相談にお越しください。善は急げ!ご相談の個別面談のお申込みはこちらから。