共通テスト同日体験受験 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

2021年 1月 3日 共通テスト同日体験受験

 

 

明けましておめでとうございます。

担任助手3年の寛です。

 

今回は2週間後に迫った

共通テスト同日体験受験についてご紹介します!

 

 

 

 

 

共通テストと同じ日同じ問題を、
全国の試験会場で挑戦できるのは東進だけ!

 

 

大学入試本番同様の真剣勝負に特別招待します!

「共通テスト同日体験受験」は、

新高3生にとって

1年後に迫った大学受験へのスタートを切る絶好の機会。

早くから大学受験を意識している新高2生にとっては

大学受験を知る絶好の機会です。

 

大学入学共通テストと

「同じ問題」を

「同じ日」に

挑戦できるチャンスは年に1度だけ!

 


だから、東進は全国の新高3生・新高2生を

「共通テスト同日体験受験」に特別招待します。

 

入試本番同様の真剣勝負を体感して、

夢と志望校合格のための一歩を踏み出してください。

 

 

 

 

高校2年生1月の得点が合否に影響大!?

 

 

「新・受験生」が特に意識したいのが、

高2・1月の得点

本番1年前に先輩が受ける共通テストと同じ問題を解いて、

どのくらい取れるかが、

1年後の合否に大きく影響します。

1年前に8割得点できていると難関大合格率がぐんと高まります。

共通テスト同日体験受験に挑戦して、

志望校現役合格のための一歩を踏み出しましょう。

 

 

 

共通テスト同日体験受験の3つの特徴

 

 

1.試験会場での厳正実施

他予備校の模試が中止やオンライン受験となる中で、

東進は試験会場での厳正実施にこだわります。

学力を正確に測るためには、入試本番がそうであるように

皆が同じ日に時間割通りに受験することが大前提です。

また、入試本番と同じ環境で真剣にテストに取り組む仲間の姿を目にすることで、

その後の勉強に対するモチベーションも飛躍的に向上します。

 

 

2.日本最大の受験者数

東進の共通テスト同日体験受験は、

日本全国1,100以上の会場で一斉に実施します。

日本最大の受験者数だから、

自分が全国の同学年の中でどのくらいの位置にいるかを正確に把握することができます。

さらに、志望校に合格した先輩の同時期の得点(成績)と比べることもでき、目標設定に役立ちます。

 

 

3.受験後のサポートの充実

 受験後は、本番までに何が必要なのかを知り今後の学習計画を立案、対策を実施することが重要です。
東進は、「総合評価による合格可能性」と
「単元ジャンル別の学力分析」が分かる
最大16ページの詳細な成績表を返却します。
また、実力講師陣による合格指導解説授業で学力を伸ばすことができるなど、
サポートが充実しており、受験後の学習計画立案がスムーズに進みます。
 
 
 
 
 
 
 

以上

東京農工大学農学部生物生産学科3年

寛咲恵

最新記事一覧

過去の記事