全国統一高校生テストまで残り10日 | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2015年 10月 15日 全国統一高校生テストまで残り10日

こんにちは南浦和校担任助手4年目の三好です。

みなさんお久しぶりです。みなさんお元気でしたか!?

 

私は大学のラストセメスターが始まり落ち着き始めているところです。

後期は授業数もかなり少ないので自分の時間がたくさんあり充実しています。

法律科目の授業はすべて履修し終え、今は教職課程の授業を少しと専門演習のゼミが中心です。

教職課程の授業では『教育実習演習』ということで実戦形式の授業です

 

他の学生の模擬授業や事例問題をみんなで考えあったりするので自分自身の価値観や考えが深まったり新たな発見があったりと興味深い講義です。

専門演習のゼミでは『行政法』のゼミということで、3年生が事例問題の実地調査の発表を聞いたり、

公務員志望者が多いゼミなのでそのアドバイスや指導、そして民間への就職も考える学生がいるのでそのサポートなどもしています。

 

また、最近では内定式を終えたのですが、そこで『英語』『読書』に力を入れてくださいとのことがあったので、

東洋大学のECZ(English Communication Zone)という英会話に行ってきました。

そのクラスではAll Englishということで日本語は一切の禁止です。

初めて踏み入れてみたのですが話したい言葉や英語で表現することの難しさを痛感し自分の英語力の無さに改めて実感しました。

なので定期的にECZに行くだけでなく普段の生活の中から少しでも英語に触れる機会を増やしていこうとまず意識改革を始めました。

 

読書に関しては、幼いころからものすごく苦手なことだったのですが、読書をすることで仕事の効率性がよくなるみたいです。

具体的には速読・精読が読書をすることによって養われるみたいです。

その結果例えば仕事現場で多くの資料を配られたときに、読書をしてこなかった学生と比べると読む速さが何十倍もの差が出るみたいです。そ

れによって仕事の速さが何十倍も変わってくるみたいです。

以上の『英語』と『読書』の観点から何事にもやることの意義・目的を考えて取り組むことで得られる成果だけでなく、自分そのものの芯を強く持つことができると思いました。

ぜひみなさんも早いうちに『英語』と『読書』は手に付けるようにしましょう。

 

10月25日(日)全国統一高校生テスト 無料招待受付中

受験勉強に一歩踏み出せない高校1・2年生、受験勉強何をすればいいかわからない高校1・2年生、苦手科目や勉強法がわからない高校1・2年生、そんな君たちにぴったりです。

ぜひお申し込みをお待ちしております。

 

10月29日(木)19時30分~ 渡辺勝彦先生の特別公開授業 in 東進ハイスクール南浦和校 無料招待

*席に限りがありますので興味がある人がいましたら早めに南浦和校の方にお問い合わせください。

 

以上