併願校選びのポイント | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 12月 7日 併願校選びのポイント

こんにちは。担任助手一年の佐藤耕平です。

今日12月7日はフィギュアスケート選手の羽生結弦 選手の誕生日です。

 

と、同時に

センター試験まであと38日ですね。。

本当にこの1年、生徒たちはよく頑張ってくれました。

はじめは2時間ほどで集中が切れてしまう生徒もなかにはいましたが、今では8:30~22:00までしっかり毎日勉強しています。

だからこそ絶対に受かってほしい。

そんな思いで年末も指導していきます。

 

 

さて、最近よく「先生受験何校うけましたか??」とか「併願校どうすればいいですか?」

という質問をよく受けます。なので今回は佐藤の方から併願校選びのポイントを伝えるので、参考程度に聞いてください。

 

まず受験校を決めるにあたって、受ける大学の層を分けて考えてください。

 

A層は自分の志望する挑戦校

B層はここなら受かるかもしれないと思う大学

C層はほとんどの確立で受かると思う大学

 

このようにまずレベル分けをしてみてください。

 

そのうえで

A層 4校

B層 4校

C層 4校

という風に受験数を決めてください。

 

併願校選びで考えてほしいのが、そこしか受からなかったら、ほんとうに行く気はあるか?ということです。

 

ちなみに早稲田大学は、4学部以上受験すると合格率が上がるといわれています。

早稲田大学にどうしても行きたい人は検討してみてください。

 

そして、やはり今の受験生が口をそろえて言う「あと一年あったらなあ」

 

高1,2生には同じことを言ってほしくないので、迷っているならぜひ体験に来てみてください。