リーダーになるということ | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2015年 2月 11日 リーダーになるということ

担任助手の井村です。

若干更新が遅れてしまってごめんなさい!

今日は東進の教育理念をご紹介します!

東進の教育理念は

「独立自尊の社会・世界で活躍する人財になる」

ということです。

つまりはリーダーになるような生徒を育成することに主眼を置いています。

勘違いされやすいのですが、『リーダー』というのは『ボス』とは違います。

ボスは部下を追い立てますが、リーダーは人を導きます。

ボスは権威に頼りますが、リーダーは志・善意に頼ります。

ボスは恐怖を吹き込みますが、リーダーは熱意を吹き込みます。

ボスは私と言いますが、リーダーはわれわれと言います。

ボスは時間通りに来いと言いますが、リーダーは時間前にやってきます。

ボスは失敗の責任をおわせますが、リーダーは黙って失敗を処理します。

ボスはやり方を胸に秘めますが、リーダーはやり方を教えます。

ボスは仕事を苦役に変えますが、リーダーは仕事をゲームに変えます。

ボスはやれと言いますが、リーダーはやろうと言います。

 

この人についっていったら仕事が楽しくできたし、うまくいった!

というような「リーダー」を育成したいと考えています。

上のものに付け足しますと、リーダーは決して自分の成果をひけらかすことはしません。

あくまで、部下のおかげであると言います。

でも部下はそのリーダーの偉大さを知っています。

そういった組織が素晴らしい組織だと思います。

そういったリーダーに私自身なりたいです。

—————————————————————————————————————————————-

東進生以外の方も、夢を応援する東進の雰囲気を味わっていただけます。

以下の2つのイベントをご紹介しておきます。画像をクリックしてぜひお申込みください!