グループミーティングPart3~必要性とは~ | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 8月 16日 グループミーティングPart3~必要性とは~

こんにちは。担任助手一年の松井です。

数日前に実習先である大島から帰ってきました。

大島には本土にはないような変異した動植物が多く存在し、新たな発見が絶えない楽しい時間でした。

 

            (写真1.フェリーから見た大島)

 

 

さて、今まで二日間にわたってグループミーティングがどのようなものかについて紹介をしてきました。

今回は第三弾としてグループミーティングの必要性について説明していきたいと思います。

 

東進では一週間に一度グループミーティングというものを行います。

では、映像授業で勉強を進める東進にとってこのグループミーティングの必要性とはなんでしょうか?

 

グループミーティングの役割は二つあります。

 ①勉強の軌道修正を行うため

 ②同じ目標 に向かって頑張る生徒同士でお互いを高めあうため

 

①、②ともすでに説明されているので、今回は実際に生徒時代を振り返ってグループミーティングの必要性を紹介したいと思います。

 

卒塾した今、振り返ると、私にとってのグループミーティングの必要性は②の方が大きかったかと思います。

私のグループは国立大理系を志望する人で構成されていました。

そのため、受験科目も大体全員が同じであったので、お互い教えあったり問題を出し合ったりしていました。

また、過去問演習に入ったときは、ライバルとして点数を競い合ったりしていました。

 

今私がずっと学びたかった生物学を学べているのは、あの時の頑張りがあったからだと思います。

しかし、あの頑張りは自分一人で勉強していたら出せなかったと思います。

一緒に頑張る仲間がいたからこそできた努力だと思います。

 

みなさんも仲間とそれぞれの夢に向かって頑張っていきませんか。

 

私たちスタッフは全力であなたを応援します。

 

東進について気になった方はこちらをクリック!