冬の始まり | 東進ハイスクール南浦和校|埼玉県

ブログ

2016年 12月 5日 冬の始まり

 
こんにちは!
担任助手1年の衣川です。
いよいよ本格的に冬になってきましたね。
 
と同時にセンター試験まであと1カ月強!
時の流れの速さには驚かされるばかりです。
 
さて、今日は自分の通っている大学の授業の1つについて紹介したいと思います!
 
自分は東京理科大学理工学部土木工学科に現在通わせていたいただいてるのですが、
 
今日紹介したい授業は、
 
材料力学Ⅰ 
 
という授業です。
 
 簡単に言うと、土木構造物を設計するためには、構造材料に関する基礎知識を備える必要がある。そこでまずは、構造材料の力学的性質に関する基礎知識を学習する。また構造設計においては倫理観も重要であることから技術者倫理観についても少しは教えてくれます。
 
というような授業です!
 
1年生の前期にはこういう専門性のある授業はほとんどなかったのですが、1年生の後期になってから、このような専門性のある授業が増えてきて少し嬉しさも感じつつ、難しさに戸惑っています。
 
この授業を受ける上でとても感じていることは、ほんとに大学の授業は高校の授業の延長線上にあるなと感じます。(必修の授業なのに3割ほどが単位を落として来年また同じ授業を受けると聞いたので、)
だから高校の勉強を疎かにして大学に入ってしまうと後々また苦労することになります。。
(そんなカッコつけて言えませんが、、)
 
ここで、高校の知識でも解ける問題を載せてみます。

もしよければ解いてみてください。 

 

 

 
 冬期講習|大学受験の予備校・塾 東進